【彼女はキレイだった】ドラマ第1話のあらすじネタバレ!感想と見逃しも

女性
こんにちは!Mirai(ミライ)です。今回は、2021年7月6日(火)21時からスタートのドラマ「彼女はキレイだった」第1話のあらすじネタバレや感想、あらすじなどについてご紹介します。

「彼女はキレイだった」、「かのきれ」はかつての美少女・佐藤愛(小芝風花)が残念な成長をし、かつてはいじめられっこの太っちょ男子・長谷部宗介(中島健人)がイケメンになるという「真逆に成長した2人」が15年ぶりに再会を果た…さない所から始まるストーリー。第1話では、愛はイケメンに成長した宗介に会えずに親友を代わりに送り込むのです。そして再会は果たしていないものの、愛はその後の仕事先で思いがけず宗介と関わっていくことに、、。

この記事では、ドラマ「彼女はキレイだった」第1のあらすじやネタバレ感想などについてご紹介します。第2話のあらすじについてもご紹介しますよ。

「彼女はキレイだった」第1話はFODで見逃し配信中↓

※本ページの情報は2021年7月時点のものです。最新の配信状況はFODサイトにてご確認ください。

【彼女はキレイだった】ドラマ第1話のあらすじネタバレ!

第1話のあらすじ

子供の頃、美少女でクラスの人気者だった佐藤愛(小芝風花)は、親友の桐山梨沙(佐久間由衣)と2人暮らし。求職中の28歳の誕生日にバイトをクビになり、今やすっかりダサくなった自分の容姿や、何もかもうまくいかない人生に激しく落ち込む

そんなある日、アメリカへ引っ越した初恋の相手・長谷部宗介(中島健人)から、「帰国するので会いたい」とメールが届く。気弱で太っていたことから、いじめられっ子だった宗介。しかし、愛は彼の優しい一面が大好きで、2人は両思いだった。久しぶりの再会に胸を躍らせる愛だったが、待ち合わせ場所にいた宗介は、昔の面影などまったくない洗練されたクールな男に成長していた。それに比べて自分は——。

幻滅され、嫌われることを恐れた愛は、急きょ、代役として梨沙を宗介の元へ向かわせる。相手がニセモノの愛だとは知らず、再会を喜ぶ宗介。懐かしい思い出がよみがえり、またあの頃のように一緒にいたいと願う宗介に、愛は明日からイギリスに留学すると告げる。それは、楽しかった思い出を残したまま、もう会わないと決めた愛の悲しいウソだった。

それからしばらくして、大手出版社に採用された愛は、ファッション誌『ザ・モスト』の編集部で働くことになる。樋口拓也(赤楚衛二)の指導のもと、自分とは無縁の華やかな世界に戸惑いを隠せない愛。そのうえ、売上が低調な雑誌を立て直すためにやってきたクリエイティブディレクター兼副編集長が、なんと宗介で…。

https://www.ktv.jp/kanokire/story/
初恋の相手と再会…しない。
子供の頃は美少女で人気者だった佐藤愛(小芝風花)。しかし、大人になりすっかりダサくなってしまいました。誕生日にはバイトもクビになり落ち込む日々。そんな愛は美人でモテモテな親友・桐山梨沙(佐久間由衣)と2人暮らしをしています。

ある日、愛の元にアメリカにいるデブ&メガネでいじめられっ子の宗介(中島健人)から、帰国したから会わないかとメールが。アメリカに行ってしまったかつての初恋の相手・宗介から、帰国の知らせを受け久しぶりに再開することになった愛。しかし、待ち合わせに現れた宗介は子供の頃のぽっちゃりメガネではなくスーツのイケメンに変貌を遂げていました。再会を楽しみに愛はいつも通りの姿で会いに行くのですが、クールでイケメンに成長した宗介に驚きます。さらに、そんな宗介に愛は気づかれずに落ち込んでしまうことに。

現在無職かつオシャレにも無頓着な愛は、今の自分では宗介には会えないと再会を断念します。それでも、幻滅されたくない愛は、急きょ友達の梨沙に自分の身代わりとして宗介に会ってもらいその場をしのぐことに。おまけに2度と会わなくてもいいように、別れ際には愛に扮した梨沙から「明日からイギリスへ留学に行く」と告げてもらうのでした。

愛、まさかの再会
後日、仕事の採用が決まった愛は出版社の総務部で働くことになるのですが、ひょんなことから『ザ・モスト』の編集部で働くことになってしまいます。そこで、今度は愛本人が思わぬ所で宗介と再会を遂げてしまいます。そこに副編集長としてやってきたのがまさかの宗介だったのでした。

ファッションのことが全く分からない愛の仕事の出来なさに宗介は苛立つ。愛のことを同姓同名の別人として認識している宗介は仕事になれない愛にきつくあたります。愛は好きだったあのころの優しい宗介ではなくなってしまったんだと複雑な気持ちになります。そんな愛の手助けをしてくれたのが愛をマイケルジャクソンと言うムードメーカー・拓也(赤楚衛二)でした。

「彼女はキレイだった」オリジナル韓国版と中国リメイク版はU-NEXTで視聴可能↓

見逃し配信バナー

※本ページの情報は2021年7月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

第2話のあらすじ

愛(小芝風花)に扮(ふん)し、宗介(中島健人)に留学先のイギリスにいるよう装った梨沙(佐久間由衣)だったが、仕事中に偶然、宗介と遭遇。とっさの言い訳でその場は何とか切り抜けるが、このままでは自分が愛でないこともすぐに気付かれてしまうと焦る。

しかし、すでに宗介のことを吹っ切って仕事に打ち込む愛には相談できず、梨沙は自分で何とかしようと心に決める。『ザ・モスト』編集部では、読者の興味を引く企画を打ち出せない編集部員たちに、宗介がイライラを募らせていた。

一方で、自身は海外の一流デザイナーに接触を図り、ライバル誌に打ち勝つための起爆剤となる企画を準備していた。愛もまた、相変わらず厳しい言葉を連発する宗介に反発しながらも、自分に与えられた仕事をまっとうしようと、ファッションやメークの勉強を開始。そのかいあって、次第に唯子(片瀬那奈)たち編集部員に認めてもらえるようになり、樋口(赤楚衛二)も、そんな愛をやさしく見守る。

そんななか、愛は、帰国直前のデザイナーにアポイントを取りつけた宗介のサポート役として、一緒に空港へ向かうことに。ところが、移動中の車内で宗介がとんでもないことに気づく…!

https://www.ktv.jp/kanokire/story/

【彼女はキレイだった】ドラマ第1話の感想

1話目にしてはかなりの展開にスピード感があり盛り沢山な内容になっていたと感じました。よくある韓国ドラマの初恋の相手を巡るストーリーなので、読めてしまう展開ではありますが、中島健人君はさすがジャニーズ、ドS上司をやらせても鼻につく感じがそんなにしないなぁという所で楽しませていただきました。また、ヒロインの小芝風花さんの慌てっぷりやドジな役柄もわざとらしくなく、見ていて応援したくなるキャラに好感が持てました

韓国版を忠実に再現していくのか日本版としてのオリジナリティを出していくのかに注目していましたが、キャラクターのイメージは再現出来ていると感じます。韓国版のパクソジュンとチェシウォンは大人なイメージが強いので、中島さんと小芝さんが少し幼く感じる所はありつつも、なんといってもLiLiCOさんがピッタリすぎて驚きました。

脇役で編集長にLiLiCoさん、常務役に木村祐一さんが出てきた所には笑ってしまいましたね。ドラマ本編の展開と合わせて、キャラの濃い脇役2人の活躍も楽しみです!

【彼女はキレイだった】ドラマ第1話のまとめ

今回は、2021年7月6日(火)21時からスタートのドラマ「彼女はキレイだった」第1話のあらすじネタバレや感想、あらすじなどについてご紹介しました。

第1話を観て、2話予告で梨沙と宗介が街中で再会してしまう、愛が宗介に自分が本物だと打ち明けるなどさらなる急展開を予測させる内容だったので次回も楽しみです!

また、宗介が昔の愛との思い出を今も大切にしているところが垣間見えることがあったので、回が進む事に思い出を通してまた2人の距離が近づいていくのかなというところにも期待しています。韓国版リメイクということで、韓国版と同じような流れになっていくのかどうなのかが気になるところです。

ドラマ「彼女はキレイだった」第2話は2021年7月13日(火)21時からフジテレビ系列で放送です。お楽しみに!

[ 【彼女はキレイだった】ドラマ第1話のあらすじネタバレ!感想と... ]ドラマ2021/07/10 02:40