【大豆田とわ子と三人の元夫】ドラマ第4話でモテ体質をどうにかしようと頑張る八作をネタバレ!感想やあらすじも

ドット柄

こんにちは!Mirai(ミライ)です。今回は、2021年4月スタートのドラマ「大豆田とわ子と三人の元夫」第4話の見逃しネタバレ・感想などについてご紹介します。

「大豆田とわ子と三人の元夫」第3話は、2番目の夫・鹿太郎(角田晃広)がメインで出会った2人の馴れ初めや、鹿太郎の全俺が泣いたことからとわ子にプロポーズしたこと、離婚理由は「しゃっくりを止めてあげることが出来なかった」ことなどが描かれました。第4話は、親友の彼女からアプローチされて自分の「生きてるだけでモテる体質」をどうにかしようとする八作と、とわ子と親友・かごめが描かれます。どちらかというと八作というよりとわ子とかごめの話。

この記事では「大豆田とわ子と三人の元夫」第4話のネタバレ感想などについてまとめてみました。次の展開やあらすじについてもご紹介しますよ。

「大豆田とわ子と三人の元夫」第4話を見てみる↓

※本ページの情報は2021年5月時点のものです。最新の配信状況はFODサイトにてご確認ください。

【大豆田とわ子と三人の元夫】ドラマ第4話のネタバレ

八作(松田龍平)の元に親友・俊朗(岡田義徳)の恋人・早良(石橋静河)がスマホを忘れたといってやってきます。スマホを渡しても家にあがりこみ、帰ってといってもスマホをまた置いていこうとする早良に、あなたに興味ないから帰ってください、と頭を下げる八作。生きてるだけでモテてしまう八作は頭を悩ましています。

とわ子(松たか子)の30年来の親友・かごめ(市川実日子)は話を聞かないタイプ。とわ子の家にスマホを忘れて3日後に取りにきたかごめ。その昔、とわ子と漫画を制作したり、一緒に誘拐されたりしてきた2人。とわ子と同じマンションに住むオーケストラ指揮者で紳士な五条(浜田信也)からコンサートと食事に誘われます。とわ子は面倒くさがるかごめの背中を押します。楽しかったといって帰ってきたかごめ。

後日。QRコードが読み込めないとわ子の元に、五条がやってきてコンサートにも食事にもかごめが来なかったことを告げます。カフェでかごめに会ったとわ子は理由を聞きますが、開き直るかごめ。そこに、従姉妹と名乗る人物がかごめを連れていってしまいました。スマホを置き忘れたかごめを追ってしまったとわ子は危うく無銭飲食に。

一方、慎森(岡田将生)は翼(石橋菜津美)の嘘に怒っていますが、翼は「まだわたしが誰なのかわからない?」といいます。美怜(瀧内公美)に交際相手の影武者を頼まれて引き受けた鹿太郎(角田晃広)。俊朗から早良と3人で呑もうと誘われた八作は、頑張って早良から嫌われようとしますが効き目ナシ。それから帰ると嘘をついてまた家にあがりこんできた早良。流れで囲碁をします。

かごめのスマホの元に従兄弟から電話がかかってきました。とわ子は代わりに従兄弟と話し、かごめが勝手に実家の資産を全額寄付したことを知ります。憤る従兄弟に「バーカバカバカバーカ」と言って電話を切るとわ子。八作はかごめを見つけて立ち話をしたあと、とわ子と遭遇。その昔、八作が「ぷよぷよ」をしている横で、とわ子とかごめがヤクザばりの大喧嘩をしていたことを語ります。とわ子は八作の情報からかごめを見つけて一緒に帰りました。また漫画を描くよ、というかごめ。久しぶりに2人で漫画を描きながら、「恋愛はしたくない」というかごめ。そういう関係は面倒で自分の人生にはいらない、と話すかごめにとわ子は「そう」と返します。

八作のレストランで早良と呑んでいる親友。親友に別れを切り出しそうになった早良を見て、「こんな安い女やめろ」と言った八作。早良は飛び出していきました。追いかけた八作は早良に抱きつかれますが、「好きな人がいる。誰も好きにならないって決めてる」と言います。それはどうやらとわ子とは別の人のよう…

とわ子(松たか子)唄(豊嶋花)

「大豆田とわ子と三人の元夫」第4話を見てみる↓

※本ページの情報は2021年5月時点のものです。最新の配信状況はFODサイトにてご確認ください。

第4話のあらすじ

とわ子(松たか子)の誕生日が近づくある日、唄(豊嶋花)が開業医の息子である彼氏と18歳になったら結婚することを宣言し、とわ子を困惑させる。後日、かごめ(市川実日子)に相談してみたものの、いつしか話題は八作(松田龍平)との離婚のことに。「わたしも意地張ってたし、若さ故だね」と当時を振り返りながら、とわ子が語った離婚の原因とは?

しろくまハウジングでは、話題のイベント会社からアートイベントの仕事が舞い込み、普段の住宅設計とはひと味違う華やかな仕事に社内は盛り上がりを見せていた。先方の社長・門谷(谷中敦)は、とわ子と同じ“バツ3”ということで、互いの離婚歴や結婚観で意気投合する。

そんな中、とわ子は自分のバースデーサプライズを社員たちが準備していることに感づいてしまう…。余計なことを知ってしまい仕事に手がつかないとわ子だったが、追い打ちをかけるように、突然門谷からプロポーズをされて大きく動揺する。

その晩、唄からそのことを聞いた八作、鹿太郎(角田晃広)、慎森(岡田将生)は、3人そろってとわ子のマンションへ。四度目の結婚を阻止すべく、珍しくタッグを組んで必死の説得を試みる鹿太郎と慎森を横目に、八作はとわ子にあるプレゼントを差し出す。ところが後日、このプレゼントがきっかけで、とわ子は八作が心に秘めていた思いを知ることになり…。

https://www.ktv.jp/mameo/story/5.html

【大豆田とわ子と三人の元夫】ドラマ第4話の感想

生きてるだけでモテるって、、八作よ、、オーガニックホストって(笑)でも実際ホストやったらすごい稼げそうだけど。なんつー羨ましい体質なんだ。。でもモテすぎるのも困りますよねきっと、、

早良はちょっとうざいです。今回はここちょっとイライラしましたね。彼氏いるのにっていう所が。親友の彼女っているポジションのまま八作を困らせてるのが見ててわかってイライラする。こういう女って見ててマジでイライラするもんなんだなあ。まだちゃんとした決着はついてないですが、次回の八作メイン回に持ち越されそうですね。

とわ子とかごめ、海外で誘拐されてってどんな経験よ。とわ子のあの体質×かごめのあの体質がかけあわさると誘拐されるのか。納得、、。かごめのドタキャンはよろしくないですけどね。突然「勉強やめて結婚する」と言ってた唄、次回でひと悶着もありそうです。

【大豆田とわ子と三人の元夫】ドラマ第4話のまとめ

今回は、2021年4月13日(火)スタートのドラマ「大豆田とわ子と三人の元夫」第4話の見逃しネタバレ・感想などについてご紹介しました。

八作メインと思いきや、とわ子とかごめの回だった第4話。バツ3のとわ子の人生と、1人を選ぶかごめの人生観がコントラストになって対照的に描かれていたようにも思います。さて、次回はようやく八作がメイン。好きな人って…?気になりますね。

「大豆田とわ子と三人の元夫」ドラマ第5話は5月11日㈫21:00からフジテレビ系列で放送予定。お楽しみに!

参考記事↓そのほかの4月スタート新ドラマ↓
[ 【大豆田とわ子と三人の元夫】ドラマ第4話でモテ体質をどうにか... ]ドラマ2021/05/05 01:05