【大豆田とわ子と三人の元夫】ドラマ第6話で連絡がとれないとわ子がどうしていたかネタバレ!感想やあらすじも

ドット柄

こんにちは!Mirai(ミライ)です。今回は、2021年4月スタートのドラマ「大豆田とわ子と三人の元夫」第6話の見逃しネタバレ・感想などについてご紹介します。

「大豆田とわ子と三人の元夫」第5話はクライアントの社長・門谷からいきなりプロポーズされたとわ子。この男がクズ野郎で、プロポーズを断ったとわ子は仕事で嫌がらせされさらに音信普通になるというラストを迎えました。第6話は前半戦終了となる回。元夫たちと例の女子たちのまさかの餃子パーティーが始まり、元夫たちのHPはゼロに。それぞれがそれぞれの想いに区切りをつけ、とわ子の親友・かごめが亡くなるというまさかの展開になります。とわ子はかごめが搬送された救急病院にいたのでした。

この記事では「大豆田とわ子と三人の元夫」第6話のネタバレ感想などについてまとめてみました。次の展開やあらすじについてもご紹介しますよ。

「大豆田とわ子と三人の元夫」第6話を見てみる↓

※本ページの情報は2021年5月時点のものです。最新の配信状況はFODサイトにてご確認ください。

【大豆田とわ子と三人の元夫】ドラマ第6話のネタバレ

誕生日の日、連絡が取れなくなったとわ子(松たか子)を心配して集まった八作(松田龍平)、鹿太郎(角田晃広)、慎森(岡田将生)。そこに早良(石橋静河)、美怜(瀧内公美)、翼(石橋菜津美)が偶然やってきてしまいました。成り行きで自己紹介から始まった呑み会は、合コンのような雰囲気になっていまいます。さらにブレーカーも落ちてしまい、てんやわんやの店内。

女子3人はとわ子のことを知りたがります。連絡が取れないということで、勝手に「トイレに閉じ込められている」「アジアンテイストのホテルにいる」などと勝手な憶測をする女子たち。そこでとわ子の父・旺介(岩松了)から慎森に電話がかかってきました。ご馳走するから皆連れておいで、という言葉に従って皆でとわ子のマンションに行く一行

その後、旺介は眠りこんでしまい、元夫たちは餃子を作りながら餃子に名前をつけたりしてわいわいし始めます。すると、女子たちが暗に元夫たちの「ダメさ」を愚痴り始め、餃子の包み方に乱れがでる元夫たち。HPがゼロになった元夫たちはキッチンの床に追いやられます。慎森は自分たちはとわ子が何も言わないことについて甘えていたのではないか、と話しました。皆で餃子を囲みながら、急に気遣いを見せる元夫たち。女子たちは3人の良い所をそれぞれ褒めてくれました。お開きになった後、元夫たちと女子たちはそれぞれの想いに踏ん切りをつけます。

一方、しろくまハウジングでは、門谷の無茶苦茶な要求のために予算のすり合わせを行っていました。そこに、とわ子が交渉に決裂したから門谷の案件は白紙にという知らせが入ってきます。その頃、八作は連絡を貰って慌てて色々と物資を買い救急病院へ向かいます。そこには震えている唄(豊嶋花)の姿も。廊下の待合椅子で待っていたとわ子。実はとわ子の親友・かごめ(市川実日子)が亡くなったのでした。

葬儀の後、とわ子はかごめの描いた漫画を見ながら幼いころの思い出を振り返ります。1年後。相変わらずラジオ体操が周りと会わないとわ子の姿がありました。

「大豆田とわ子と三人の元夫」第6話を見てみる↓

※本ページの情報は2021年5月時点のものです。最新の配信状況はFODサイトにてご確認ください。

第6話のあらすじ

かごめ(市川実日子)の一件から1年、とわ子(松たか子)は自宅で一人暮らしを始めていた。高校に進学した唄(豊嶋花)が、通学しやすい旺介(岩松了)の家に引っ越したからだ。娘がいない寂しさを抱えながらも、生活を楽しもうと試行錯誤するとわ子は、ある日、公園で“謎の男”(オダギリジョー)と出会う。

そんな中、とわ子はしろくまハウジングのオーナーが外資系ファンドに会社の株を売却しようとしていることを聞かされる。もし会社が外資の傘下になって利益重視の経営に変わると、コスト削減のために人員整理が行われるかもしれない。会社としてのこだわりや職人気質の社員たちを守るためにどうすればいいか悩むとわ子を心配し、慎森(岡田将生)、鹿太郎(角田晃広)が続けざまにとわ子のマンションを訪れる。一方、八作(松田龍平)はレストランの仕事を休み、一人で旅に出ていた。

後日、唄への届け物のために外出したとわ子は“謎の男”と偶然再会する。夢中になれることや仕事についての会話で徐々に打ち解けていく2人だったが、ひょんなことから話題はかごめのことに。すると、とわ子の口から、ずっと胸に秘めていた親友への思いが止めどなくあふれていき…。

https://www.ktv.jp/mameo/story/7.html

【大豆田とわ子と三人の元夫】ドラマ第6話の感想

今回、ずっともう合コンじゃないかい(笑)中村です。のシンシン好きやで。そう、自己紹介なんていらんねん。かくいう私も嫌いです。相変わらず八作カワイイ、、。なんかゆるキャラみたいで癒されるんですよね。とわ子、より戻すなら八作やでとわ子の父と元夫3人にガールズ3人てかなりカオスな展開じゃ、、。

というか、親父、鹿太郎だけ扱いひどくないですか(笑)?とわ子、姑からいびられたりしたんかな(笑)シンシンとやたら仲良いし(笑)オイ、餃子に名前つけんなや。ものすごいどうでもいいけどカワイイわあ~(笑)ガールズにこてんぱんにやられてるし、、。完全に押されている元夫たちの図。元夫たちはガールズたちとくっついていくのかな?と思ったのですが、そういうことではなかったですね。ガールズを通して、元夫たちは自分と向き合うこととなりました。

それでとわ子はいずこに?という感じで前回から主人公が不在で進んでいった第6話でしたが、いきなり病院でえ!?まさか主人公…え?って思ったらかごめでしたか。。門谷は??あのクズ野郎どうなったん??え??もうナシ??

【大豆田とわ子と三人の元夫】ドラマ第6話のまとめ

今回は、2021年4月13日(火)スタートのドラマ「大豆田とわ子と三人の元夫」第6話の見逃しネタバレ・感想などについてご紹介しました。

元夫たちとガールズはそれぞれの想いを終了させて新たな道へ。そしてとわ子は親友を失ったという区切りの第6話。ここから話は1年後に飛ぶらしいので、今後の展開が気になりますね。

「大豆田とわ子と三人の元夫」ドラマ第7話は5月25日㈫21:00からフジテレビ系列で放送予定。お楽しみに!

参考記事↓そのほかの4月スタート新ドラマ↓

[ 【大豆田とわ子と三人の元夫】ドラマ第6話で連絡がとれないとわ... ]ドラマ2021/05/19 01:02