【大豆田とわ子と三人の元夫】ドラマ第7話で買収されそうになったとわ子をネタバレ!感想やあらすじも

ドット柄

こんにちは!Mirai(ミライ)です。今回は、2021年4月スタートのドラマ「大豆田とわ子と三人の元夫」第7話の見逃しネタバレ・感想などについてご紹介します。

「大豆田とわ子と三人の元夫」第6話は元夫たちと例の女子たちの餃子パーティーで元夫たちのHPはゼロになり、それぞれがそれぞれの想いに区切りをつけました。ラストはとわ子の親友・かごめが亡くなるというまさかの展開に。第7話では、かごめの死から1年が経った所からスタート。後半戦の幕開けはとわ子の会社が部下の企みによって買収の危機に陥ります。悩みながらも、必死に買収による人員削減を阻止しようと奮闘するとわ子ですが、買収は決定されます。そして、とわ子に新たな男性との出会いが。

この記事では「大豆田とわ子と三人の元夫」第7話のネタバレ感想などについてまとめてみました。次の展開やあらすじについてもご紹介しますよ。

「大豆田とわ子と三人の元夫」第7話を見てみる↓

※本ページの情報は2021年5月時点のものです。最新の配信状況はFODサイトにてご確認ください。

【大豆田とわ子と三人の元夫】ドラマ第7話のネタバレ

かごめ(市川実日子)の死から1年が経ち、高校に進学した唄(豊嶋花)は通学しやすい旺介(岩松了)の家に引っ越しました。とわ子(松たか子)は自宅で一人暮らしを初めています。しろくまハウジングでは、オーナーが外資系ファンドに会社の株を売却しようとしていることを知らされるとわ子。職人気質の会社が利益重視の外資系に吸収されたら、リストラが行われる可能性も。とわ子は「それ、眼鏡かける必要ある?」と言いたくなる外資系の社員と話しますが、やはり人員削減に量産型の建築をする方向でした。

悩むとわ子の元に慎森(岡田将生)が現れ、弁護士として相談にのってくれます。建築士のとわ子が無理して社長業を続けることはないんじゃないか、と言う慎森。とわ子はできる所までやる、と返します。帰りがけに鹿太郎(角田晃広)も現れ、2人は八作(松田龍平)のレストランに行きますが、八作は仕事を休んで一人旅中。

しろくまハウジングの買収の件は、社員で営業部の責任者・松林カレン(高橋メアリージュン)が仕組んだことでした。松林に停職にする、と言うとわ子ですが「会社を良くしたくてやっただけ」と開き直る松林。後日。再び買収先の会社との話し合いで、部下がコスト削減を主張する買収先の社員を一喝します。それに同意したとわ子。意外にも慎森はとわ子に文句の1つも言いませんでした。そして、まだとわ子のことが好きなんだと語ります。慎森はとわ子に自分のことをどう思っているのか聞きましたが「元気でいてほしい」と答えるとわ子。

帰宅後。旅から帰ってきた八作がお土産を持ってきてくれました。一緒にご飯を食べる2人。唄に教科書を届けたとわ子は帰りのバスの中で、以前公園で出会った謎の男(オダギリジョー)と再会します。そのままとわ子が買っていたパンを食べる2人。そのまま打ち解けていったとわ子は、自然とかごめの事も話していました。謎の男はかごめは今もきっと笑っている、と言ってくれます。その言葉に涙するとわ子。

後日。しろくまハウジングの株が外資系に売り渡され買収されることが決定していまいました。現れたのは、なんと謎の男・大史。部下からの告発という、とわ子の「パワハラ」を言及します。その後のラジオ体操で何でもなかったように話しかけてきた大史。何で平気に話しかけてくるんだ?と質問するとわ子にこれはプライベートだから。と平然と答える大史でした。

「大豆田とわ子と三人の元夫」第7話を見てみる↓

※本ページの情報は2021年5月時点のものです。最新の配信状況はFODサイトにてご確認ください。

第7話のあらすじ

しろくまハウジングが外資系ファンド・マディソンパートナーズに買収されてしまった。さらに、その責任者で“企業買収の悪魔”と呼ばれる人物が、最近親しくなったばかりの大史(オダギリジョー)だと分かり、とわ子(松たか子)は驚きを隠せない

ところが、社長のとわ子に退任要求を突きつける一方で、ビジネスとプライベートは別だと言い切る大史。仕事以外では、今までと変わらずとわ子と親しくしたいという。とわ子もまた、大史と過ごした楽しい時間を忘れられず、その申し出を受けることにする。そんな元妻の恋心を敏感に察した慎森(岡田将生)は、鹿太郎(角田晃広)をけしかけ、2人でとわ子のマンションへ。「好きな人、できた?」という直球質問にとわ子は…。

一方、大史は自社の社長からの「ある命令」に従うため、とわ子に相談を持ちかける。恩義を感じている相手からの指示とはいえ、あまりにも“自分”がない大史の姿勢に納得できないとわ子は、大史をマンションに招いて説得を試みることに。しかし、そこへ慎森と鹿太郎、さらには八作(松田龍平)もやってきて…。

https://www.ktv.jp/mameo/story/8.html

【大豆田とわ子と三人の元夫】ドラマ第7話の感想

とわ子に降りかかる難題にここで遂に元夫たちの本領発揮なるか…!?シンシンがちゃんと力になる、と言ってたの良いとこあるんじゃんシンシン~。あと鹿太郎となんか仲良くなってません、、?仲良く焼肉行ってたじゃん(笑)今回の企業買収は完全にシンシンの力が役に立ちそう

しかし部下が仕組んだ買収だったとは、、。会社を良くしたくてって、、まるで会社のこと分かってない買収でしたよね。というかただ、とわ子の仕事増やしただけなのでは…??松林は何を考えてるんだ。クビにしないとわ子すごくないですか、、?普通、松林クビなんじゃ、、?

とわ子も頑張ったと思いますが、買収は決定されてしまいましたね、、。しかし、新たな男めっちゃ良さげだったのに買収先の悪魔だとは。不運すぎやて、、。しかしあれだけパワハラとか追及しておいて、平然と会うところに狂気を感じます…。ヤバいやつ…。

【大豆田とわ子と三人の元夫】ドラマ第7話のまとめ

今回は、2021年4月13日(火)スタートのドラマ「大豆田とわ子と三人の元夫」第7話の見逃しネタバレ・感想などについてご紹介しました。

とわ子と新たな男との出会いが描かれた後半戦開幕の第7話。次回はとわ子の会社は買収されてしまい、社長としての立場も苦しくなりそう。そこに絡んでくる新たな男…ここは元夫たちに頑張って欲しい!ガンバレ、元夫たち。

「大豆田とわ子と三人の元夫」ドラマ第8話は6月1日㈫21:00からフジテレビ系列で放送予定。お楽しみに!

参考記事↓そのほかの4月スタート新ドラマ↓
[ 【大豆田とわ子と三人の元夫】ドラマ第7話で買収されそうになっ... ]ドラマ2021/05/26 08:13