【君と世界が終わる日に】ドラマ第6話の響は来美を見つけた結末ネタバレ!見逃しや感想あらすじも

花火を持つ女性

こんにちは!Mirai(ミライ)です。今回は、2021年1月からのドラマ「君と世界が終わる日に」【きみセカ】第6話のネタバレ感想、見逃し視聴などについてご紹介します。

第5話では、薬を求めて奔走する響や紹子のDV夫が絡んできました。第6話では、首藤のヤバさがどんどん明らかに。自衛隊に囚われてる等々力は、抜け出して来美を連れ出します。遂に来美を見つけますが、囚われてしまう響。そして、死んだハズの母親のゴーレムを見つけてしまうのでした。

この記事では、第6話を見逃した人のためにネタバレ、感想や見逃し無料動画についてまとめてみました。第7話のあらすじについてもお届けしますよ。

【君と世界が終わる日に】ドラマ第6話のネタバレと感想

自衛隊の駐屯地では、撤退を主張する自衛隊司令官の牛込(神保悟志)に、このままワクチン開発をしたい首藤(滝藤賢一)が反論します。それでも、首藤は自衛隊内部に手をまわして、その権力を大きくしていました。

海路から駐屯地に向かい、医薬品を手に入れようとしていた響(竹内涼真)たちですが難破小島にたどり着きますが、そこには既に以前ショッピングモールで痛い目にあわされた刀集団がいました。響きは刀集団のリーダー・坪井(小久保寿人)に海からまわりこんで駐屯地に乗り込むことを提案。坪井は最初は渋りましたが、死にそうな仲間のために決意します。駐屯地に向かう最中、謎の男・御前崎(宇野祥平)から「心底人を憎むことになるぞ」と謎の忠告を受けます。

駐屯地に向かう船上。ミンジュン(キム・ジェヒョン)の姉が「首藤」という医者と一緒にワクチンの開発をしていることを知る響。その名は、昔、響の母親を直そうとしていた医者の名前でした。その頃、駐屯地では牛込が行方不明に。避難者たちの間でも不満が爆発しますが、首藤は「このまま駐屯地にいればワクチンが早く打てる」と安心感を持たせて支持を得ます。

駐屯地に忍びこんだ響たち。その様子を、首藤は監視カメラから見ていました。佳奈恵(飯豊まりえ)が、来美の不手際でゴーレムにしてしまった少女に襲われて響は殺します。何かがおかしい、と坪井は撤退することに。等々力は自力で抜け出し、実験で意識が朦朧としている来美を連れて駐屯地を抜け出します。

響は遠目から来美を見て、後を追います。等々力は来美を連れて入った通路の先には、ゴーレム化された行方不明中の牛込がいました。暗闇の中、来美の名前を呼ぶ響。ついに来美を見つけた響ですが、そこで自衛隊に捕らえられてしまいました。

首藤は響を捕らえて、ゴーレム化した牛込を投入。縛られて動けない響の元にミンジュンと佳奈恵が助けに来てくれました。来美を1人で探す響。すると、囚われてゴーレム化している死んだはずの母親を見つけます。その頃、謎の男・御前崎(宇野祥平)はかつて研究員として首藤の元にいたこと、政府は首藤の狂気に気付かずに手を貸してしまっていることを告げていました。

感想
新章に突入した「きみセカ」ですが、回を重ねるごとに首藤がムカつくキャラに…。ムカつくというか、うまく周りを動かして騙すという非常に見ている方をイライラさせる感じがすごい。マッドサイエンティスト的な立ち位置でしょうか。来美もワクチン開発のためではなく人体実験されてそう。これは本当に最後にスカっとする結末じゃなと許せないかも。もう、首藤をぎゃふんと言わせてくれる結末を期待しますね。

響たちをテロリストにしたのも胸糞悪いですが、まともっぽい牛込はもうちょっと頑張って欲しかった。今のところ首藤の独壇場ですよね、、。今回で、首藤と響の意外な繋がりが明らかになりましたね。響の母親も死なせて実験台にしたのでしょうね。ゴーレムウイルスも首藤が何らかの研究の過程が生まれたものなのかな。

等々力の嘘から自暴自棄になって実験を手伝っている来美。最終的には首藤が悪いとはいえ、ほんとに等々力がクソ。来美を助けようとちょっと頑張ったのはまだ良かったミンジュンさん今回もカッコ良かった~!次回で絶体絶命になるなんて悲しい…。

やっと響は来美を見つけたわけですが、またすれ違い。こういう展開になるんだろうなとは思いつつ、焦らされるのがイライラし始めてきたぞ(笑)

【君と世界が終わる日に】ドラマ第6話の見逃し無料視聴は?

「君と世界が終わる日に」ドラマ第6話の見逃し視聴はHuluで視聴可能です。無料動画はTverで視聴ができますが、最新話のみ。1週間限定となっていますので注意が必要です。また、途中でCMもあるのでゆっくり見たいという人はHuluがオススメ。

さらにHuluでは「きみセカ」を第1話から全話配信していますので、これまでの話もおさらいすることができます。また、今作はSeason1とSeason2全16話構成。シーズン1の放送終了後、2021年3月から「きみセカ」Season2がHuluで放送予定です。今の内にHuluに登録しておきましょう。

Huluは2週間の無料トライアルを実施中!

※本ページの情報は2021年2月現在のものです。
最新の配信状況はHuluサイトにてご確認ください。

【君と世界が終わる日に】ドラマ第7話のあらすじ

響(竹内涼真)は病死したはずの母・琴子(臼田あさ美)のゴーレムと遭遇。変わり果てた母の姿にショックを受けた響。一方、響を心配して引き返した佳奈恵(飯豊まりえ)とミンジュン(キム・ジェヒョン)は、妹を「テロリスト」に殺されたと思い込んでいる勝利に(田中奏生)に襲われます。来美(中条あやみ)も勝利を守るためにミンジュンにナイフを向け、怪我を負いながらもその場から逃げた2人。しかし、血の匂いに誘われた琴子のゴーレムに噛まれてしまうミンジュン。

一方、首藤(滝藤賢一)はワクチン開発に必要なゴーレムがテロリストによって放たれたとまた嘘をつき、駐屯地内に武装集団が必要だと扇動。来美もまた、そんな首藤の影響を受け始めていました。その頃、響は御前崎(宇野祥平)に助け出され猿ノ島に。かつて首藤の元で研究員をしていた御前崎は、生きた人間を実験台にしていたという首藤の恐るべき本性を語りました。

さらに響は、自分が来美を助けようとしたことで、ミンジュンがゴーレムに噛まれてしまったことを知り自責の念にかられます。ところが、ミンジュンの姉で首藤の右腕・ジアン(玄理)が駐屯地から尾けてきたことが発覚。ジアンは響がテロリストとして投降すれば、ワクチンを手配し他の仲間たちを助けるという条件を出されます。響は一人で投降することを決めることに。

【君と世界が終わる日に】ドラマ第6話のまとめ

今回は、2021年1月からのドラマ「君と世界が終わる日に」【きみセカ】第6話のネタバレ感想、見逃し視聴などについてご紹介しました。

第6話は響の絶体絶命のシーンが続きました。狂いまくりの首藤に、周りの人間や政府にすら騙されているのが、、もうちょっと頑張ってほしい。どんどん首藤が力つけてきてますし。次回はさらに絶体絶命になるみたいですね。投降しちゃうのかなあ。

第7話は2月28日(日)22時30から日本テレビ系列で放送予定。お楽しみに!

[ 【君と世界が終わる日に】ドラマ第6話の響は来美を見つけた結末... ]ドラマ2021/02/22 08:28