【君と世界が終わる日に】ドラマ第8話で響と来美は再会を果たすのかネタバレ!あらすじや感想&見逃し視聴も

花火を持つ女性

こんにちは!Mirai(ミライ)です。今回は、2021年1月期ドラマ「君と世界が終わる日に」【きみセカ】第8話のネタバレや感想・見逃し視聴などについてご紹介します。

第7話は、首藤が仕組んだ策略から巻き起こる誤解と憎しみの連鎖キミセカいち良い子だったミンジュンに悲劇が。第8話ではお互いに憎みあう来美含む自衛隊と、響たちが遂に対峙!響が来美を撃ちぬくという最悪の形で再会を果たす2人…。

この記事では、第8話を見逃した人のためにネタバレ感想、見逃し動画についてまとめてみました。第9話のあらすじについてもお届けしますよ。

【君と世界が終わる日に】ドラマ第8話のネタバレ

亡くなったミンジュン(キム・ジェヒョン)を弔う仲間たち。首藤(滝藤賢一)は冷凍保存装置を開けようとしたことに対して、拘禁しているジアン(玄理)を責めます。

「ある女」に刺された傷が原因でミンジュンが死んでしまったことからも、憎しみを募らせる響(竹内涼真)たち。ミンジュンを家族のように思っていた甲元(マキタスポーツ)も取り乱します。響は坪井(小久保寿人)と話し合い、協力して島を守ることを提案。平静を装う響ですが、心の内はミンジュンの死であふれていました。

等々力(笠松将)は臨床実験を続ける来美(中条あやみ)にやめるように諭し、抱きしめて「ずっと好きだった」と告白来美を安全な場所に連れて行きたいと、島を探す海上調査を願い出ます。自衛隊は移転先が中々決まらず、等々力が島へとやってくることに。「島を明け渡せ」と言い出す等々力に怒りを露わにする響

そして、帰ってこない等々力を追って自警団のメンバーが島に上陸。その中には、来美と勝利(田中奏生)の姿も。島に上陸した勝利は紹子(安藤玉恵)の姿を見つけて発砲佳奈恵(飯豊まりえ)が弓で応戦し、何とか連れて帰ります。来美は傷ついた勝利を見て自警団のメンバーはテロリストをせん滅しようと繰り出すことに。響たちも許せないといって交戦することになります。

甲元(マキタスポーツ)と佳奈恵(飯豊まりえ)は等々力(笠松将)を人質にとって自衛隊と対峙。響はその隙に弓で近づき、銃を向けていた来美を撃ちます。

【君と世界が終わる日に】ドラマ第8話の感想

ミンジュンショックがまだ抜け切れていません、、泣。良い子だったのに、、もう希望がないよお、、泣。どんどん首藤の独壇場になってるし。ちょっと嫌な役回りだった甲元ミンジュンのことで嘆くところ、泣けた…。本当は家族みたいに思っていたんですよね泣。ほんとなんでミンジュン、、泣。一番死んでほしくない人が泣。

佳奈恵の響きに対する想いも切ないですよね。響の来美への想いをずっと聞いてましたからね…。首藤のトラップで変なすれ違いが起こり、憎しみに燃える自衛隊と響たち。御前崎は1人冷静ですが、本当に無駄な争いしてますよね、、。争う相手は首藤ですよね。

というか、響は後ろ姿と雰囲気で来美って分からんの??ここ本当に謎だったんですが、、気が付かないものなの??来美はおそらく声で響だって分かりましたよね。

そして安定の等々力…。おい等々力(怒)。ここにきてええかっこしいするの本当にやめてほしい(怒)来美が絶望したのも、そもそも等々力の嘘から始まったんでしょ、、。本当に来美のことを想うなら、告白とかじゃなくてちゃんと真実を伝えて自分の身を挺して駐屯地から逃がすとかせんかい。結局ええかっこしいしたいだけで告白するのとか最悪…(怒)。ほんと等々力(と首藤)はあとでボッコボコにしてくれないと視聴者気が収まらない…

自衛隊との誤解は次回から少しづつ緩和していくのかも。というかそろそろ誤解と憎しみの連鎖をといてくれないと視聴者辛いです…泣。

【君と世界が終わる日に】ドラマ第8話の見逃し視聴

「君と世界が終わる日に」ドラマ第8話の見逃し視聴はHuluで配信中です。無料動画はTverで見ることが出来ますが、最新話のみで1週間限定。また、途中でCMもありますので、ゆっくり見たい人はHuluで見ましょう!

Huluでは1話から全話配信していますので、過去の話もおさらいすることもできます。さらに、シーズン1の放送終了後の2021年3月からきみセカSeason2がHuluで配信予定!今の内にHuluに登録しておきましょう。

Huluは2週間の無料トライアルを実施中!

※本ページの情報は2021年3月現在のものです。
最新の配信状況はHuluサイトにてご確認ください。

【君と世界が終わる日に】ドラマ第9話のあらすじ

響(竹内涼真)は来美(中条あやみ)を矢で射ち抜いてしまいました。言葉を失う響ですが、来美は意識がなく一刻を争う容態に。その頃、施設では等々力(笠松将)を人質にとった甲元(マキタスポーツ)と佳奈恵(飯豊まりえ)が自衛隊と対峙しています。硬直状態の中、桑田(浅香航大)は佳奈恵の言葉によって駐屯地への不信感を抱き始める。

一方、駐屯地のジアン(玄理)は首藤(滝藤賢一)が駐屯地の避難民に打たせている「ワクチン」の正体が気にかかっていました。響の前には妹の仇を討ちたい勝利(田中奏生)が現れ、島には駐屯地から逃亡して来た桑田がやってきます。そんな中、紹子(安藤玉恵)の容体が悪化。しかし、必要な抗生剤がもう島にはありませんでした。

もう一度駐屯地に乗り込むのは危険ですが、紹子を撃ってしまった勝利はある提案をします。

【君と世界が終わる日に】ドラマ第8話のまとめ

今回は、2021年1月期ドラマ「君と世界が終わる日に」【きみセカ】第8話のネタバレや感想・見逃し視聴などについてご紹介しました。

響と来美の待ち望んだ再会は最悪の形となりました。来美の容態だ大丈夫なんでしょうか、、。これで自衛隊との誤解は少しづつ緩和すれば良いのですが、、。あとホント等々力どうにかして。

第9話は3月14日(日)22時30から日本テレビ系列で放送予定。お楽しみに!

[ 【君と世界が終わる日に】ドラマ第8話で響と来美は再会を果たす... ]ドラマ2021/03/09 08:23