【君と世界が終わる日に】ドラマ第9話で来美は助かるのかネタバレ!見逃しやあらすじや感想も

花火を持つ女性

こんにちは!Mirai(ミライ)です。今回は、2021年1月期ドラマ「君と世界が終わる日に」【きみセカ】第9話のネタバレや感想・見逃し視聴などについてご紹介します。

第8話では誤解に誤解が重なって悪循環に陥り、知らぬ間に憎みあってしまった来美と響たちが対峙響が来美を撃ちぬくという最悪の形で再会を果たしたのでした。第9話は最終回を目前にラストスパート!来美の命は助かりますが、響はもうヤケクソ状態。そして、それでも手を差し伸べる響に首藤の悪事に気が付いたハズの来美がまさかの発砲というラストに。

この記事では、第9話を見逃した人のためにネタバレ感想、見逃し動画についてまとめてみました。第10話のあらすじについてもお届けしますよ。

【君と世界が終わる日に】ドラマ第9話のネタバレ

来美(中条あやみ)を矢で射ち抜いてしまった響(竹内涼真)。そのことに気が付いた響は言葉を失いますが、来美は意識がなく駐屯地へ。ジアン(玄理)が処置を行います。処置が終わると、首藤(滝藤賢一)が避難民に打っている「ワクチン」について問いただしますが答えません。佳奈恵(飯豊まりえ)はミンジュンを刺した女が来美であることを告げます。たとえ響の大切な人であっても許せない、と。

外で呆然としていた響の前には、妹の仇を討とうとする勝利(田中奏生)が現れますが、響は「殺してくれ」と頼みます。それを御前崎(宇野祥平)が止めました。その頃、駐屯地では響をテロリスト扱いとした書類の不正に気が付いた桑田が、それが首藤の仕業であると知りました。そのまま拘束されそうになり、島に逃亡して来た桑田。桑田は首藤がワクチンを完成させ、摂取を始めていると話しますが、御前崎はワクチンなんてものはないと言います。その頃、来美の意識が回復。首藤は響はテロリストでありもう元には戻れない、と告げます。

等々力は自分が響が死んだと言ってから、来美が自分を見失っていったと話しますがそれでもほぼ無気力状態の響。等々力の拘束を解いて「好きにしろ」と言います。そんな中、紹子(安藤玉恵)の容体が悪化しますが、抗生剤はもう島にはありません。勝利は自分が撃ったと告白し、妹の件でも責め立ててしまった来美のことも助けてほしいと告げます。佳奈恵は響にミンジュンに来美のことを口止めさせられた、とミンジュンの気持ちを伝えます。きっと来美と話してほしいと思う、と。桑田を筆頭に、自衛隊に勝利と引き換えに抗生剤と鎮痛剤を要求する響たち。来美と響はトランシーバー越しに会話。「許しあうのは簡単じゃない。でも戻れるなら何でもする」と諦めないことを伝える響。

一方で、首藤のワクチンを接種した避難民の様子はおかしくなっていました。ジアンに会った来美はワクチンなどないことを知ります。冷凍保存装置の中身を台無しにした響に復讐をしようとしているだけだ、と話すジアン。首藤を問いただす来美。ワクチンが出来たと言えば簡単、人々を操れるのが「ゴーレムウイルス」と話し出す首藤。冷凍保存装置の中身を見て絶句する来美。

その頃、御前崎(宇野祥平)は紹子の元夫の手帳にあった「緊急シェルター73.4」という記載を発見。そのラジオのチャンネルでは、「希望の家」と名乗るものが生存者たちに向けて呼び掛けていました。その後。抗生剤の引き渡しのために来美と響は会います。やってきた自衛隊員を銃で脅し、抗生剤を手に入れる響。来美に手を差し出して「一緒に帰ろう」と言う響に銃を突き付けて発砲。「サヨナラ」という来美でした。

【君と世界が終わる日に】ドラマ第9話の感想

重い、、。最終回前でこんな重くなるとは、、ヘビーすぎてついていけない視聴者。ここで来美を撃ちぬいたことで響がやけくそになるのも当然ですよね、、。唯一の希望は桑田の誤解が解けたことくらい、、?桑田が良い人なのが唯一の救いです。

等々力、ちょっっと良い所を見せましたが、今更感。響のことをを責める前にお前自分がしたことを省みろや。散々響は来美を助けようとしてたじゃん。。あの時、等々力は来美のこと諦めろって言ってなかったけ、、等々力への怒りが消えない視聴者(怒)来美に嘘ついたことも悪びれもせずにアッサリ言いやがって、、(怒)

佳奈恵が来美のこと、響の彼女だからってすぐには許せないですよね。佳奈恵の気持ちも分かります。でも、この悪循環が起こってしまったのはどちらのせいでもないですよね。まあ、首藤のせいです。ミンジュンんんまだ、、まだ、ミンジュンロスだよ!(泣)

トランシーバー越しに会話する響と来美が切ない泣。こんな形で、、泣。諦めないこと、自分の想いを伝えた響の言葉が、首藤に洗脳されている来美にどうか響いていますように、、。やっと首藤の本性に気が付いた来美。で、なんで発砲!?首藤の企みに気が付いたんじゃなかったん??ん??

【君と世界が終わる日に】ドラマ第9話の見逃し視聴

「君と世界が終わる日に」ドラマ第9話の見逃し視聴はHuluとTverで見ることが出来ます。Tverは無料配信ですが、最新話のみの1週間限定なので要注意。また、途中でCMもあります。ゆっくり見たい人はHuluがオススメ。

また、Huluでは1話から全話配信中最新話以外も見ることが出来ます。さらに、きみセカSeason2はHuluで配信されます。シーズン2は1終了後の2021年3月から配信予定なので、今の内にHuluに登録しておきましょう

Huluは2週間の無料トライアルを実施中!

※本ページの情報は2021年3月現在のものです。
最新の配信状況はHuluサイトにてご確認ください。

【君と世界が終わる日に】ドラマ第10話のあらすじ

来美(中条あやみ)は響(竹内涼真)に発砲。さらに、駐屯地の人々の間でゴーレム化が始まります。響は首藤(滝藤賢一)の元へと逃げる来美の姿にショックを受けます。その日。紹子(安藤玉恵)は響たちが持ち帰った抗生剤で持ち直しました。

その一方で、首藤が完成させたという「ワクチン」が「恐ろしいもの」であると気が付いた桑田(浅香航大)。そんな中、御前崎(宇野祥平)は紹子の元夫の手帳に記載されていた「緊急シェルター73.4」というものを発見。ラジオのチャンネルを記載通りに合わせてみると、「希望の家」と名乗るものが生存者たちに向けて翌日、港に集まるよう呼び掛けていました。来美のことを諦めきれない響を説得し、シェルターを目指す一行。

その頃、駐屯地では来美が首藤から「響を殺せ」と約束されられていました。翌朝 。響は一人で駐屯地にいる来美の元を目指していました。勝手な行動に憤慨する仲間たち。その時、港から「希望の家」という船が現れます。変わり果てた駐屯地を進む響は、監禁中のジアン(玄理)を発見。ジアンから冷凍保存装置の真相を聞きます。

【君と世界が終わる日に】ドラマ第9話のまとめ

今回は、2021年1月期ドラマ「君と世界が終わる日に」【きみセカ】第9話のネタバレや感想・見逃し視聴などについてご紹介しました。

遂に再会を果たした響と来美ですが、こじれにこじれた状況が2人の距離をあけてしまいましたね、、。重い。最終回でスッキリするのかどうか。未だに希望がみえずに首藤の独壇場なイメージしかありません。てか首藤がそこまで響を憎むのも、正直、逆恨みですよね。首藤が用意したという「最も残酷な復讐の舞台」がなんのか、、重いけど頑張ってみましょう!

最終回は3月21日(日)22時30から日本テレビ系列で放送予定。お楽しみに!

[ 【君と世界が終わる日に】ドラマ第9話で来美は助かるのかネタバ... ]ドラマ2021/03/16 09:50