【恋はDeepに】ドラマ第8話で海音から身を引こうとする倫太郎をネタバレ!あらすじや感想も

カップル

こんにちは!Mirai(ミライ)です。今回は2021年4月スタートのドラマ「恋はDeepに」第8話の見逃しネタバレ・感想などについてご紹介します。

「恋ぷに」第7話では、海音の体にも鴨居が考えた設定にもガタがくる事態に。周りから追及された海音は海に戻ろうとしますが元には戻れず、駆け付けた倫太郎の前で倒れてしまいました。第8話では鴨居に「海音のためにももう関わらないでくれ」と言われ、倫太郎が身を引こうとします。避けられる海音が不安に思いますが、経歴詐称での呼び出しの場には駆け付けてくれました。ラストでは、車に轢かれそうになった海音を庇った倫太郎。

この記事では、「恋はDeepに」第8話のネタバレ感想などについてまとめてみました。次の展開やあらすじについてもご紹介しますよ。

「恋はDeepに」第8話を見てみる↓

※本ページの情報は2021年6月現在のものです。
最新の配信状況はHuluサイトにてご確認ください。

【恋はDeepに】ドラマ第8話のネタバレ

意識を失った海音(石原さとみ)。倫太郎(綾野剛)は鴨居(橋本じゅん)に連絡し、古い知り合いという病院に連れていくよう言われます。海音が目を覚ました時、そこには倫太郎の姿はありませんでした。海音は倫太郎のために無理をするから「これ以上関わらないでくれ」と頭を下げられた倫太郎。蓮田トラストでは榮太郎(渡邊圭祐)が取締役に就任し、リゾート開発を白紙に戻すと決定していました。リゾート開発計画はワクワクしないという榮太郎の気持ちも分かる…と感じる倫太郎。

海音の元に藍花(今田美桜)がやってきました。実は、倫太郎からコッソリ様子を見てきてくれと頼まれたと言います。一方、鴨居は大学から海音の経歴についての釈明を求めるよう呼び出しを受けていました。海音は「本当のこと」を話したいと言います。蓮田家では榮太郎に「好きにしたらいい」と言う倫太郎。

倫太郎は母の指輪を海音に渡したいと、鴨居に託しに行きますが「忘れてくれ」と言われてしまいます。研究室では、海音が自分が研究者ではないことや鴨居と親戚でもないことを打ち明けていました。海音の嘘を受け入れてくれた研究室の面々。倫太郎に避けられていることが気になる海音でした。

後日。大学で始まった鴨居の釈明会見に急いで向かう海音。鴨居は全て自分がやったことと主張していました。そこに現れた海音。その様子を見守る研究室の面々と、コッソリ動画を撮るMr.エニシ。謝罪をする海音ですが「自身が何者なのか」を追及されて躊躇している所に倫太郎が突入してきます。「人間じゃないんですよ」と言って海音の海に対する熱い想いを語り、「そんな海音が大好きだ」と叫んでまた出ていきました。倫太郎を追いかける海音。

一方、蓮田トラストでは榮太郎と結託していた香港の会社が、星が浜のリゾート開発を白紙に戻したはいいものの「巨大カジノ」を創るという話にすり替わっていました。それを知って驚愕する榮太郎。藍花に「俺は酷いやつかも」と打ち明けますが、藍花は受け入れてくれました。蓮田トラストでも取締役を辞任する榮太郎。ちゃんと説明してくれ、という倫太郎に促されて榮太郎は「凝り固まった蓮田家をほぐすためにショックを与えたかった」「ただ気が付いて欲しかっただけ」と言います。

倫太郎は光太郎(大谷亮平)を誘って呑む2人。母が死んだことは事故だと思っていてもう何とも思っていないこと、海外に出たりと器用に好きなことをする倫太郎に嫉妬の気持ちがあったことを素直に話す光太郎。倫太郎はそう見えるだけで、ずっと蓮田家で居場所を感じられなかったこと、ロンドンに行ったのも逃げだと話します。2人はいがみ合っている場合ではない、香港の会社に乗っ取られるために協力する姿勢に。

後日。海音を大学まで迎えにいった倫太郎。「何者なんですか」と詰め寄る人をよけるために道路に転んだ海音の元に車が迫ります。飛び出した倫太郎は海音を庇いました。

「恋はDeepに」第8話を見てみる↓

※本ページの情報は2021年6月現在のものです。
最新の配信状況はHuluサイトにてご確認ください。

第9話のあらすじ

トラックから海音(石原さとみ)をかばおうとして、頭を打ってしまった倫太郎(綾野剛)。なんとか立ち上がるものの、倫太郎の身体にはかすかな異変が…。鴨居家に戻った海音は、ウツボの声が断片的に聞きとれることに気づく。ウツボは、海音が海に帰れるのが満月の時だと伝えようとしていて……。次の満月まであと3日

海音は、地上の生活、そして倫太郎との別れが間近に迫っていることに呆然とする。海音との別れが近いことを察した倫太郎は、海音のために、鴨居研究室と蓮田トラスト開発チームとの合同サプライズ送別会を提案。迫りくる、二人の別れの時。しかし、倫太郎には予期せぬ悲劇が迫っていた……!

https://www.ntv.co.jp/deep/story/

【恋はDeepに】ドラマ第8話の感想

人魚が人間の世界で暮らすと筋力が低下するんですね、、。知らなかったです(笑)「足が痛い」というのは元の人魚姫のストーリーでもありましたよね。最終的に泡になるので、倒れたりするのもやっぱり「儚い私」的な演出なんでしょうか。。

大学の会見でも言われてましたが、海外の学術誌に載るくらいの論文を書くのにってとこですね。人魚てそんな頭良い設定なの…(笑)あそこで倫太郎が突入してくるところにイマイチ感動しなかった…私だけ、、?あそこで「大好きだ!」ていう必要は…??最終回前にして一瞬で冷めた自分がいました…。え、私だけ…??

榮太郎、、相変わらず闇が爆発してますねえ。藍花が良い子で良かったですねえ。。でも結局カジノの話になっててそこら辺何がしたかったのかよう分かりません(笑)。蓮田家にショックを…って、結局、榮太郎もただ香港の会社には騙されてただけなんですよね、、

あと光太郎がここにきて態度を緩和させてきたのかが謎。母の事も許していて、じゃあ何をそんな倫太郎を潰そうとしてたのかずっと謎でしたが、まさかの「ただの劣等感刺激されるから」?それだけ、、?海音のこともリークさせたりとか、すごい悪役黒幕感があったのになんか急にしゅんって低下していったというか、、。アッサリ榮太郎にやられているのもそうですが、アッサリすぎません??倫太郎もですが、このドラマ急なキャラ変多くないですかね。

あと倫太郎に海音から身を引く決意もなんか途中でどっか行きましたよね(笑)そこの所の葛藤とか、気持ちの移り変わりとか、、光太郎と倫太郎の和解ももうちょっと、じっくり描いてほしかった…

【恋はDeepに】ドラマ第8話のまとめ

今回は2021年4月スタートの新ドラマ「恋はDeepに」第8話のネタバレ・感想などについてご紹介しました。

倫太郎が叫んだ第8話。人魚が論文とか研究者とかあまりにファンタジー要素と現実要素がごっちゃになってて不自然な演出なのに展開はありがちというか、こういうのが混ざって全体的な印象として不審さをかもしだすんですかね。あまりにもあり得ないシチュエーションだからでしょうか。ファンタジーにするならもっと振り切ってくれたら面白かったと思います。ちょっとドラマすぎるというか。ラストの事故もありがちすぎる展開に感じました。。

最終回で一気に盛り返してくれるのか。期待してまってます!

新ドラマ「恋はDeepに」第9話(最終)は2021年6月9日(水)22時からフジテレビ系で放送予定です。お楽しみに!

参考記事↓そのほかの4月スタート新ドラマ↓
[ 【恋はDeepに】ドラマ第8話で海音から身を引こうとする倫太... ]ドラマ2021/06/03 02:19