【ボクの殺意が恋をした】ドラマ第2話で美月と花火大会に行く柊をネタバレ!感想あらすじも

風景
こんにちは!Mirai(ミライ)です。今回は、2021年7月スタートの新ドラマ「ボクの殺意が恋をした」第2話の感想ネタバレなどについてご紹介します。

「ボクの殺意が恋をした」第1話は、父親代わりだった丈一郎が殺されてしまった柊は任務を継ぎ、仇をうつと決意。殺したのは漫画家の美月だということで殺そうとしますが、なんと思わず助けてしまいます。第2話では、助けまくって美月からボディーガードを依頼された柊が雑用係として働き始めます。そして、殺そうとしてもなかなかできません。そして柊の思い出話から、美月と一緒に花火大会に行き、そこで再び美月を助けることに。

この記事では、ドラマ「ボクの殺意が恋をした」第2話のネタバレや感想などについてご紹介します。第3話のあらすじについてもご紹介しますよ。

「ボクの殺意が恋をした」第2話を見る↓

※本ページの情報は2021年7月現在のものです。
最新の配信状況はHuluサイトにてご確認ください。

【ボクの殺意が恋をした】ドラマ第2話のネタバレ

雑用係になる柊
殺そうとしていた大人気漫画家・鳴宮美月(新木優子)を助けまくってしまった殺し屋・男虎柊(中川大志)。美月から「ボディーガードになって」と頼まれ「秘書兼雑用係」として働き始めることに。

隙を見て殺そうと企む柊でしたが、父親代わりの丈一郎(藤木直人)に仕込まれた清掃技術を生かして働いてしまう柊。使おうと思っていた注射器が転がってしまい、それを隠すために美月を抱き寄せてしまったりします。

SOS責任者の刑事・綿谷詩織(水野美紀)からも「間が悪すぎて無理」と言われますが、必ずやってみせるともう一度チャンスを貰った柊でした。

毒を盛ろうとしたけどもちろん失敗。
ある日。モデルとして活躍している「デスプリンス」こと八乙女流星(鈴木伸之)から「ハリネズミ探偵 ハリー」の実写化映画に出演したいと打ち合わせに呼び出されます。八乙女が「デスプリンス」だと知った柊何とか美月から引き離そうとしたりして、八乙女に宣戦布告八乙女に殺される前に殺してやる、と言った柊は今夜の食事に毒を入れ美月を殺そうとします。が、美月は中々帰ってきません

待っている間に「ハリネズミ探偵 ハリー」を読み始めた柊はハマってしまい、まさかの読破。そして、美月に「デススープ」を振る舞おうとしますが、まさかの「食べてきちゃった」と言われてしまいます。そこにゾロゾロとアシスタント・水瀬千景(田中みな実)を始め、多くの人もやってきてしまい「デススープ」を見失ってしまった柊。結局。柊は全てのスープを処理したのでした。

参考記事↓ネタバレ・見逃し・ロケ地などはコチラから↓
花火大会デート!?
柊はゴミ箱から美月の書きかけの原稿を見つけます。「ハリネズミ探偵 ハリー」ではない新作を描こうとしていますが、周囲には秘密にしてくれと言われてしまいました。父親代わりの丈一郎を殺しておいて呑気に漫画を描きやがって、と思った柊は、美月に命を狙われている理由を聞きますが、美月は何も答えようとしません。結局、出ていけと言われてしまった柊は帰宅後、綿谷に弱音を吐きます。

翌日。美月を撃ち殺そうと待ち構えていた柊でしたが、昨夜のことを謝れてまたまた殺すことができませんでした。美月から新作が幼馴染同士の恋を描こうとしていることを知った柊は、かつての初恋の人・葵の面影を感じます。そこで花火大会に一緒に行けなかった思い出を語る柊に、シーンに入れたいから今夜の花火大会に行こうと美月から誘われます。

その話を盗聴していた八乙女も花火大会に向かっていました。美月と柊は車で向かってしまったために全然着くことができません。そこに颯爽と現れた八乙女のバイクに乗って行ってしまった美月。慌てて追いかける柊でしたが、八乙女は去った後でした。「心配した!」「俺以外の男としゃべるな」と言っていまう柊。どうしても花火大会に行きたかったと話す美月。大切な人のために早く新作を届けたかったと言います。

今の内に殺すぞ…と思っていた柊でしたが、美月が持っていた水風船に「デスプリンス」のマークを発見。ここで「デスプリンス」の殺しのカウント「デスタイム」が始まります。水風船を投げて爆発を回避し、美月を抱きしめた柊。美月はとある病院で女性から「葵」と呼ばれています。

「ボクの殺意が恋をした」第2話をチェック↓

※本ページの情報は2021年7月現在のものです。
最新の配信状況はHuluサイトにてご確認ください。

第3話のあらすじ

殺しのターゲットの美月(新木優子)と初恋の人・葵の面影が重なり、思わずときめいてしまった(中川大志)。彼は、丈一郎(藤木直人)の仇である美月を殺さなければならないと気を引き締める。そんな中、映画化される『ハリネズミ探偵・ハリー』に、流星(鈴木伸之)の出演が決定し、美月の仕事場に流星が訪れる。柊は、流星が美月を殺しに来たのではないかと警戒する。

流星は、忙しい美月たちを慰労したいとグランピングに誘う。「のんきにグランピングなんかしてる場合じゃないだろ!」「あなたは黙って私を守ってればいいの」柊は、流星が何か企んでいると察して美月を止めるが、彼女は聞き入れない。開き直った柊は、グランピングに行って流星より先に美月を殺すと決意する。そして、グランピング当日。美月は風岡(中尾明慶)、千景(田中みな実)、江村(永田崇人)、真希(小西はる)、柊を連れて行く。

みんなが慰安旅行だと盛り上がる中、柊は虎視眈々と美月を殺すチャンスを狙う。人気のない場所に美月を連れ出し、ロープで首を絞める。それが、柊の計画だった。流星は、豪華な料理で美月たちをもてなす。美月と流星に目を光らせていた柊は、千景に迫られて困惑。柊が千景に気を取られているうちに、流星が美月を散歩に連れ出していた。 

柊は風岡に無理やり買い出しに駆り出され、2人を追いかけることができない。隙を見て買い出しから逃れ、流星と美月の行方を必死に追う柊。彼が流星を見つけた時、すでに美月の姿はなかった…。「鳴宮美月はどこだ!?」流星に迫る柊。そして柊と流星は、激しい格闘になり…

https://www.ytv.co.jp/bokukoi/story/3.html

【ボクの殺意が恋をした】ドラマ第2話の感想

いや、もうデスプリンスに任せとけば良くない??自分で殺せないなら、むしろ協力すれば良いのでは…???ここツッコんじゃだめなのかな(笑)今回も助けまくりましたね~。というか、雑用係とはいえ、ご飯作って待ってたり、掃除してくれたりもうただの「良い彼氏」じゃん(笑)掃除技術をいかすんじゃないよ、柊(笑)。

花火大会もただのデートだったですよね。(笑)。もう美月が惚れるのも時間の問題や…。それで、柊の初恋の人・葵=美月フラグがでてました。これは葵本人ということで間違いないのでしょう。美月はペンネームなんでしょうか、、?それとも何か名前を変えないといけない理由があったのか、、。

【ボクの殺意が恋をした】ドラマ第2話のまとめ

今回は、2021年7月スタートの新ドラマ「ボクの殺意が恋をした」第2話の感想ネタバレなどについてご紹介しました。

もうただのデートだった第3話。美月が葵だとしたら、柊はもう間違いなく殺せないでしょう、、(笑)。いや、殺さないでしょ、もう。デスプリンスが狙ってくるのもそれを助けちゃう柊も面白いですが、殺したくても殺せない柊の展開はだしつくした感があるので、今後の展開にも期待ですね。

「ボクの殺意が恋をした」第3話は2021年7月18日(日)22:30~日本テレビ系列で放送予定です。お楽しみに!

[ 【ボクの殺意が恋をした】ドラマ第2話で美月と花火大会に行く柊... ]ドラマ2021/07/12 00:18