【レンアイ漫画家】ドラマ第9話で正体がばれた清一郎をネタバレ!感想とあらすじも

ハートの本

こんにちは!Mirai(ミライ)です。今回は、2021年4月スタートのドラマ「レンアイ漫画家」第9話の感想ネタバレなどについてご紹介します。

「レンアイ漫画家」第8話ではあいこの告白にパニックの清一郎に、すり寄っていく美波でしたが、あいことファインプレー「出ていく」が炸裂し、清一郎はあいこへの気持ちに気が付きました。さらに、清一郎はあいこにキス!

第9話では、付き合うということにパニックの清一郎。恋が始まるか…と思った矢先、あいこを好きになった二階堂の元カノ由奈が「刈部まりあ」が男であるとSNSでばらし、それが拡散。炎上してしまいます。そこに「銀天」が日本漫画大賞を受賞してしまう事態に。あいこが自分のせいだと責めていることを知った清一郎は授賞式に出席。あいこと清一郎はついに「付き合う」に昇格します!こ

の記事では新ドラマ「レンアイ漫画家」第9話のネタバレ感想などについてまとめてみました。第10話のあらすじやスピンオフドラマ情報についてもお届けしますよ。

「レンアイ漫画家」第9話を見る↓

※本ページの情報は2021年6月時点のものです。最新の配信状況はFODサイトにてご確認ください。

【レンアイ漫画家】ドラマ第9話のネタバレ

刈部清一郎(鈴木亮平)と久遠あいこ(吉岡里帆)のキス現場を目撃していた早瀬剛(竜星涼)。二階堂藤悟(眞栄田郷敦)の店にて、向後達也(片岡愛之助)と金條可憐(木南晴夏)にそのことを報告し面々を驚かせます。偶然現れたレン(岩田琉聖)は「2人は付き合い始めたんですね」と言いますが「キスだけなら違う」という流れに。

その夜。明らかに挙動不審なあいこと清一郎を見て付き合っているのかを聞くレン。早瀬にキスシーンを見られていたことも発覚し、より挙動不審になる2人。どうすれば…パニックになった清一郎は急に「付き合うってなんだ?」「交際ってなんだ?」と思い始めます。それでもあいこを食事に誘う清一郎。あいこも誘いを受けます

向後がSNSで清一郎のエゴサをしていると、「刈部まりあ」が男であると清一郎の写真も載せられて拡散されていました。そのことを清一郎にも言えずにいた向後でしたが、そこに「銀天」が日本漫画大賞を獲得してしまったという連絡まできます。SNSで清一郎の家まで特定されてしまい、野次馬まで群がる始末。遂に向後は漫画大賞のことを打ち明けますが、激怒した清一郎に「帰れ!」と言われてしまいます。

一方、ずっとあいこを「見守って」いた早瀬は最初に清一郎の写真を投稿した写真がいつなのかを特定。その時に二階堂と伊藤由奈(小西桜子)もいたことを可憐に言うと、犯人はどちらかなのではという推測に至ります。

清一郎を再び訪ねた向後。清一郎のドアの前で昔話を始めます。仕事にやる気のなかった向後。ある日、たまたま原稿の持ち込みきた清一郎と出会います。清一郎の漫画に感動した向後は、清一郎の「銀天」を支えてきたのでした。あいこも現れて、最近自分から離れていくのが嫌だったと話す向後。清一郎のことをわきに置いて「銀天」を大事にした結果、漫画大賞にもエントリーしてしまったと言います。ペンネームも女性にしろと言ったのは自分だと後悔の念を話す向後。漫画大賞も事態する、と謝罪します。

あいこの元に二階堂から連絡がきて訪れてみると、「刈部まりあ」が男であるとバラしたのは由奈だと謝罪されます。二階堂があいこを好きになってしまったから…と言うのが理由。「自分はムカつくのはいいけど清一郎になんでこんなことを」と憤るあいこ。清一郎に対する漫画の熱意や誠意を由奈に語ります。「こんなことになるなんて思わなかった」という由奈。あいこは「自分のせいだ」と思い詰めます。二階堂は清一郎に謝罪しに行き、おそらくあいこは今自分を責めている、と伝えました。

日本漫画大賞の授賞式の日。辞退する、と告げた向後の元に清一郎がやってきます。「銀天」は自分だけではなく、これまで支えてくれた向後のお陰でもあると告げ大賞を受ける意思を伝える清一郎。そして、自分にも愛はあると気付かせてくれた者(あいこ)にも感謝していると告げます。沸き起こる拍手。

帰り道。「俺たちは付き合っているのか」と聞く清一郎に「はっきりとは…」と返したあいこに再びパニックになる清一郎。清一郎にキスをして自分たちで見つけていけばいい、と言うあいこでした。

二階堂主演のスピンオフドラマ「レンアイ格闘家」も見る↓

※本ページの情報は2021年6月時点のものです。最新の配信状況はFODサイトにてご確認ください。

第10話のあらすじ

ついに、付き合うことになった刈部清一郎(鈴木亮平)と久遠あいこ(吉岡里帆)レンアイは自分とは無関係と思っていた清一郎は、仕事部屋にあいこを入れてしまう心の変化に戸惑う。だが、幸せを感じていた。朝食で、レン(岩田琉聖)から再就職の面接先を聞かれたあいこ編集プロダクションだと答える。清一郎と向後達也(片岡愛之助)を見ていて興味を持ったのだ。さらにレンが清一郎の仕事の手伝いは終わったのかと聞くと、その契約は終了したという。

そんな中、金條可憐(木南晴夏)と早瀬剛(竜星涼)が訪ねて来る。可憐は日本漫画大賞受賞のお祝いと、二人のレンアイが始まった記念だと花束を渡す。また、早瀬は、あいこのストーカーを卒業したようだった。可憐たちが帰ると、清一郎はあいこに面接後の予定を尋ねた。午前中にネームを上げるので、保留となっていた食事に行こう、と。すると、あいこは遊園地デートを逆提案あたふたする清一郎と嬉しそうなあいこ。そんな二人の様子をレンも微笑ましく見ていた。

向後は読者アンケートで『銀河天使』が追い詰められていることが気になっていた。最近の『銀天』のクオリティにも不安が…。一方、あいことデートする清一郎。至福の二人。だが、清一郎はネームを仕上げられずにいた。「まっとうな幸せは才能をダメにする」という呪いと直面する清一郎。そして、初めて原稿を落としてしまう…。

https://www.fujitv.co.jp/renaimangaka/story/story10.html

【レンアイ漫画家】ドラマ第9話の感想

ちゃっかりストーキングしていた早瀬な…(笑)初キス見られてて、なおかつ知人に知られているとか最悪ですよね、、(笑)。そして、ついにバレてしまった清一郎の正体…本当SNSって怖い。家まで特定されて野次馬…でもそこでまさかの早瀬のストーキング、、いや「見守り」が役にたつとは(笑)。意外な形で(笑)。早瀬ストーキングはこの時のためのフラグだったのか(笑)。

由奈の責任は重いですよね。馬鹿女だとは思ってしまいたが、、あいこの言葉は本当にその通りですよ。なぜ清一郎に…嫌な女の面が出てましたよね~。ごめんなさいじゃあ、済まされないと思いますよ。ここにぜひハルコ姐さんを投入してほしい。。そして一喝してほしい。清一郎に謝ってるの二階堂じゃないですか、、由奈はなぜ謝りにいかん(笑)。

しかし、向後は清一郎を思っているんですけど、今回は裏目にでてしまいましたよね。。向後と清一郎の良い思い出話が聞けてちょっと感動ものでしたが、ちょっと遅しだったのかな…のような泣。それでも銀天を2人で作り上げてきたからこそ、絆はたしかにありました。清一郎が会見で一歩踏み出せたのもまた、向後のお陰もあるのでしょうね。

「レンアイ漫画家」原作を見てみる↓

【レンアイ漫画家】ドラマ第9話のまとめ

今回は、2021年4月スタートの新ドラマ「レンアイ漫画家」第9話の無料見逃し動画やネタバレ感想などについてご紹介しました。

怒涛の第9話。また恋愛レベルも人間レベルもアップした清一郎でしたね。これでやっと無事にあいことくっつきました。次回はラブラブの2人が見られそうですムフフ。でもそれがまた清一郎の漫画に影響あり…??

ドラマ「レンアイ漫画家」第10話は6月10日(木)22:00~フジテレビ系で放送予定。お楽しみに!

参考記事↓そのほかの4月スタート新ドラマ↓

[ 【レンアイ漫画家】ドラマ第9話で正体がばれた清一郎をネタバレ... ]ドラマ2021/06/04 07:56