【リコカツ】ドラマ第6話で紘一と咲は離婚するのかネタバレ!感想あらすじも

結婚式

こんにちは!Mirai(ミライ)です。今回は、2021年4月スタートのドラマ「リコカツ」第6話のネタバレ感想やあらすじなどについてご紹介します。

「リコカツ」第5話では、もう一度やりなおそうと気持ち新たにした2人にすれ違いが発生し決裂。離婚が確定することに。第6話では、離婚に向けてもう一直線の2人。そしてここにきて2人が想いを通わせたりしますが、離婚届は出されます。他人に戻る2人。

この記事では、ドラマ「リコカツ」第6話のネタバレや感想などについてご紹介します。第7話のあらすじについてもご紹介しますよ。

「リコカツ」第6話を見る↓

※本ページの情報は2021年5月時点のものです。
最新の配信状況はParaviサイトにてご確認ください。

【リコカツ】ドラマ第6話のネタバレ

咲(北川景子)と紘一(永山瑛太)はこれからは「他人」として同居しようと決めます。家も売り手が決まり、紘一は水戸の実家に早急に帰ると予定をたてていました。その日は紘一がご飯を作ってくれたり他人と思うとなぜか気楽に過ごせる2人。咲は紘一が実家に帰る前に「最後の晩餐」をしようと提案します。仕事では、咲は人気小説家・水無月連(白洲迅)に頭を下げてもう一度チャンスを貰えることに。紘一は一ノ瀬純(田辺桃子)に実家には咲と一緒に帰るのかと聞かれています。

紘一に咲と話してあげてくれ、と頼まれた元カレ・貴也(高橋光臣)が咲に会いにきました。水口家では、咲のはからいで家族全員が集合。夫婦で話し合う時間を設けたかった咲ですが、武史(平田満)は最後のプレゼントだと美土里(三石琴乃)に離婚届を渡します。もうどうしようもない、という武史に「心の中では止めてほしいのかも」と咲は慌てて追いかけますが、離婚の意思をまげない美土里。一方、緒原家でも正(酒向芳)と薫(宮崎美子)の離婚が決まっていました。紘一に「咲と仲良く」と言って出ていく薫。

お互いの両親が離婚してしまった紘一と咲はただ寄り添い、お互いが「いてくれて良かった」と伝えあうのでした。2人で虹を見て幸せを感じ「このまま時が止まればいい」と思う咲。最後の晩餐の料理を作って待っていた咲の元に水無月がいきなり現れて勝手に上がりこんできます。料理まで勝手に食べ始め、そこに紘一が帰宅。水無月に食事もほとんど食べられ、馴れ初めやマンションについても馬鹿にした発言をされる咲と紘一。「失礼だ」と紘一が叱ってようやく退散した水無月。それでも咲はただ平謝りです。

水無月に食事をほとんど食べられてしまったため、紘一のリクエストで咲が焼き魚を作りました。「やっぱり離婚やめる?」という咲に「離婚する理由は100個ある」と言い出す紘一。お互いに離婚したい理由を挙げていきます。結局、6個くらいしか挙げられなかった2人。紘一はここが無くなってしまうのは寂しい、と咲のこのマンションに住んでいて欲しいと話します。幸せにしてあげられなくてごめん、と謝る紘一。そして離婚届けを出しに行きます。

何かを思った咲は紘一を追いかけますが、紘一はちょうど離婚届を出した所でした。「もう君の夫ではない」と言う紘一。最後に握手をする2人。泣く咲。紘一は「幸せになってくれ」と言ってその場を去ります。

Paraviオリジナルストーリー「リコハイ!!」もチェック↓

※本ページの情報は2021年5月時点のものです。
最新の配信状況はParaviサイトにてご確認ください。

第7話のあらすじ

咲(北川景子)と紘一(永山瑛太)は、互いを思いながらも離婚を選択。別々に生きていくことを決める。翌朝、咲は武史(平田満)、美土里(三石琴乃)らを自宅に呼んで、紘一と離婚したことを報告。そこに正(酒向芳)と薫(宮崎美子)が、紘一と共にやって来て、咲たちに三人で頭を下げる。正は、咲と紘一の離婚を止めようとするが、その場にいる三夫婦が離婚したことが明らかに…

さらには、楓(平岩紙)まで離婚する予定だと告白し、両家は愕然とする。咲から離婚したことを聞いた連(白洲迅)は、「愛なんてこの世に存在しない」と切り捨てながらも紘一には興味がある様子。別れたあとも咲を何かと惑わせる

一方、紘一の元には純(田辺桃子)がある決意を胸に、手料理を持って訪ねてくる。そんな中、咲と貴也(高橋光臣)は美土里から呼び出され、衝撃の事実を聞かされる。詐欺に遭い、2000万円を奪われたというのだ。仕事に両親の離婚、さらには美土里からの告白に咲の心は飽和状態。するとそこに、紘一から携帯電話にメッセージが届き…。

https://www.tbs.co.jp/rikokatsu_tbs/story/

【リコカツ】ドラマ第6話の感想

うーん。何がモヤモヤするって、、もう視聴者から見たら咲と紘一がお互いを想い会っていてただすれ違ってるのが分かるからなんですよね。何を「別れないとみたいな感じになってるのがアレなんですよ。いやえ?じゃあ一緒にいればいいじゃんっていう気持ちになってしまうシーンが多々あるので、冷めちゃうんですよね。

お互いがお互いのことを想っている故のすれ違いなので、どこかのポイントでただ2人が素直になってればなあと思ってしまいます。さらに、周りの悪意のあるすれ違い(主に純と水無月)もありますからね。。咲の元カレは邪魔しようとは思っていない様子ですが、純は悪意あるでしょう。水無月も咲を獲ろうとはしていないものの、完全に夫婦生活は邪魔してますからね…。

ここを紘一がちゃんと気が付いて咲を守ってあげていたら…咲が水無月のことをあそこまで受け入れていなかったら…と思ってしまうんですよね。紘一、純に何をお礼まで言うとるん。あんなお節介の小姑みたいな真似やめろ謝れくらい言いなよ、、お礼て笑。取る行動が正反対だよ、、脱力…。まあ、紘一にそこまでの恋愛スキルと察知能力を期待する方がアレなんでしょうが。

でも高地位がそこまで料理男子だったとは!?これは良いじゃないですか。いや最初から自分で作れよって話ですけど(笑)。でもそこまで料理できるなら咲の料理に満足できないのは分かります。ただ、だったら自分がやれという(2回目)。紘一の料理は妻がやるもの、という(これは正のせいなんでしょうが)思い込みがなければ、当初の結婚生活もうまくいってたでしょうけどね。

それにしても水無月の非常識な行動もまだまだつづきますね…ここ、ほんとイライラしたんですけど。そもそも、なんで水無月を登場させたのか分かりません。恋敵になるわけでもなくただ生活を邪魔するだけのパワハラ存在がなぜ必要?白洲迅の力を持ってしても、そこ差し引いても水無月の非常識すぎる行動に視聴者イライラしましたよ…。

後輩のチクりの件もですが、ほんとさっさとやめなよその会社、、どんなブラック企業だよ。というか、咲はファッション業界にもう興味ないの??なんであそこまで水無月に肩入れしてまで仕事を頑張ろうとしている描写なのかが分かりません。咲はもう未練とかないんでしょうかやけくそ…?ってこと…??

【リコカツ】ドラマ第6話のまとめ

今回は、2021年4月スタートの新ドラマ「リコカツ」第6話のネタバレ感想やあらすじなどについてご紹介しました。

いや、もう離婚やめろや」とツッこみたくなる第6話。いや、切ない感だしたいのは分かるけどもじゃあ「離婚やめろや」って言いたくなるんですよね、、。離婚する必要あった…??純の目論見通りじゃん。もう見るの疲れてきた、、。どうせこの後より戻すんだろうなって分かってるあたり先が見えてしまってツマラナイの一言。

ドラマ「リコカツ」第7話は2021年5月28(金)22時からTBS系で放送予定です。お楽しみに!

参考記事↓そのほかの4月スタート新ドラマ↓
[ 【リコカツ】ドラマ第6話で紘一と咲は離婚するのかネタバレ!感... ]ドラマ2021/05/22 01:48