【リコカツ】ドラマ第9話で紘一と咲はヨリを戻すのかをネタバレ!感想あらすじも

結婚式

こんにちは!Mirai(ミライ)です。今回は、2021年4月スタートのドラマ「リコカツ」第9話のネタバレ感想やあらすじなどについてご紹介します。

「リコカツ」第8話では、貴也が咲に告白し紘一が古畑任三郎になりました。周りも変化していく中、2人はそれぞれ前を向いて別々の道に歩き出す決意をしました。第9話では、紘一の父はなぜか紘一の母の旅館で働き始め、咲の父は咲の母を騙した男をぶちのめし母が病気であるという事実を知ります。咲と紘一の両親は歩み寄りはじめ、ラストでは2人も「やっぱり好き」とお互いの気持ちを伝えることができました。

この記事では、ドラマ「リコカツ」第9話のネタバレや感想などについてご紹介します。第10話のあらすじについてもご紹介しますよ。

「リコカツ」第9話を見る↓

※本ページの情報は2021年6月時点のものです。
最新の配信状況はParaviサイトにてご確認ください。

【リコカツ】ドラマ第9話のネタバレ

紘一(永山瑛太)の父・正(酒向芳)が突然薫(宮崎美子)が働く旅館にやってきて働き始めます。一方、咲(北川景子)は今の家を売ることを決意。貴也(高橋光臣)に任せます。貴也は紘一を訪ねて売却の最終的な確認をすることに。紘一もこれで咲が幸せになるのなら、とサインをしました。

咲は水無月連(白洲迅)に「もう誰とも交際するつもりじゃない」と言います。すると、以前に希望を出していたパリへの研修が通ったと咲に話がきました。文芸部での仕事として水無月の新しい小説が終わったらパリに行ってほしいと言われます。

その頃、武史(平田満)に頼まれた紘一は、美土里(三石琴乃)から大金を奪った立川(中山麻聖)の元に乗り込みます。全く悪びれるつもりのない立川をぶちのめそうとする紘一に「美土里は老い先短い!」と言う立川。美土里の元にやってきた紘一と武史は、そこにいた咲らにも美土里が病気であることを打ち明けます。治療をせずにこのまま綺麗なままで死んでいきたいという美土里に「馬鹿野郎!」という武史。生きていて欲しいと泣きながら懇願します。結局、美土里は治療を受け入れました。

その報告を聞いた咲は紘一と「結婚て」「離婚て」なんだろうという話をします。自分たちは離婚して良かったのかと呟く咲。これからは貴也が守ってくれる、という紘一でした。そこにやってきた貴也。家がもう売れたと報告してきます。「もう誰とも交際しない」とは一番好きな人と結婚できないからじゃないのか咲は本当はどうしたいのか、と聞く貴也。

咲は紘一とヨリを戻さないと宣言したことで水無月から「ふざけんな!」とブチ切れられます。一方、薫の旅館では正がクビになっていました。するとこれまで自衛官として誇りを持って仕事をしていたけれども結局薫を守れなかった、自分は今変わらなければと言う正。土下座をしてもう一度チャンスをくれと頼みます。

その様子を見て正のことをずっと誤解していたのかも、と言う薫。男の人は言わなくても分かると思っているけど言ってくれないと分からない、と言います。紘一に咲との離婚を後悔しているのでは?と問う薫。自分の気持ちに正直になったら、と背中を押され、紘一は咲と初めてデートした場所で会うことに。お互いに「好き」という正直な気持ちを伝えあうことができました。

Paraviオリジナルストーリー「リコハイ!!」もチェック↓

※本ページの情報は2021年6月時点のものです。
最新の配信状況はParaviサイトにてご確認ください。

第10話のあらすじ

互いの気持ちを確かめ合った咲(北川景子)と紘一(永山瑛太)は、改めて交際をスタートさせた。大切なマンションを売ったことを後悔する2人のため、貴也(高橋光臣)は買い戻しの交渉を試みる。すると、直接事情を聞きたいと買い主自らマンションにやって来て…。

そんな中、咲は3年間のパリ研修の話を受けるかどうか悩んでいた。ようやく手にしたチャンスだが、紘一との新たな生活のことを考えると、なかなか答えを出せない。もし研修を受けるとしたら、連(白洲迅)の新しい小説が完成したあと。時間は迫っていた…。

一方、パリ研修の話を連から偶然聞かされていた紘一は、咲のためにと悩んだ末に、ある決意を秘めていて…。互いの幸せを優先しようとする咲と紘一は、どんな選択をするのか?咲と紘一がふたりで考えた、ふたりが目指す“理想”とは…!?

https://www.tbs.co.jp/rikokatsu_tbs/story/

【リコカツ】ドラマ第9話の感想

最終回に向かって分かりやすく皆が修復の方向に向かっていきましたね。咲と紘一が家を売ろうとするところも、相変わらず変な方向にすれ違ってましたが、ラストで正直に気持ちを伝えあえて良かったです。その「好き」て一言が大事なんですよね。というか、それだけじゃん、、それだけで解決だったんだよ全部(笑)その一言が言えなくて、第9話。ですからね(笑)紘一も咲も「お互いの幸せを優先」て、譲りあったり引いちゃったり、そういうことじゃなかったような気がします。

そしてたっ正…がまさかの再就職。しかも結構頑張っている…。謎の行動…。急にどしたん笑?急にめっちゃ反省の意を示してきた…どしたん笑?最終回に向かってるな~分かりやすく(笑)武史も急にどしたん笑?そんなに妻大事なら若い女と遊ぶなや…最初から(笑)分かりやすく最終回に向かってるな…感がすごい(笑)あと水無月もどしたん笑?急に、真面目…というか良いやつ的な?え???急にブちぎれた時笑ってしまいましたよ

薫のセリフ「男の人は言わなくても分かると思っているけど言ってくれないと分からない」それ!!ってなりました。本当に言わなくても、って思っている人も多いのが現実…ですよね。難しい所ですけれどもね。

【リコカツ】ドラマ第9話のまとめ

今回は、2021年4月スタートの新ドラマ「リコカツ」第9話のネタバレ感想やあらすじなどについてご紹介しました。

最終回目前で皆が分かりやすく修復の道に向かっていった第9話。ちょっと分かりやすすぎた…うな…ということは言わないでおこう(笑)。ようやく、自分たちの正直な気持ちを伝えあうことができた咲と紘一。最初から素直に話しとけばええねん。…ということは言わないでおこう(笑)さて、咲のパリ行きはどうなる!?次回は注目の最終回です!

ドラマ「リコカツ」第10話(最終話)は2021年6月18(金)22時からTBS系で放送予定です。お楽しみに!

参考記事↓そのほかの4月スタート新ドラマ↓

[ 【リコカツ】ドラマ第9話で紘一と咲はヨリを戻すのかをネタバレ... ]ドラマ2021/06/12 03:09