【サレタガワのブルー】ドラマ第8話ラストの結末ネタバレと感想!くれぐれも不幸せに

ブルー

こんにちは!Mirai(ミライ)です。今回は、2021年7月スタートのドラマ「サレタガワのブルー」第8話(最終回)の感想ネタバレなどについてご紹介します。

サレブル第7話では、梢と別れたくない和正が「不倫をしながら」心を入れかえようとしましたが、 もう一人の不倫相手は妊娠してしまう事態に 。藍子は暢からの慰謝料請求父親や和正に払わせようとし、妊娠も偽装

第8話では、暢は藍子と和正が不倫しているマンションに梢と共に乗り込みます。さすがに激怒した暢。弁護士も加わり、言い訳を必死ではじめる半裸の和正運命なの!と言い出す藍子。和正をビンタする梢。現場はまさに修羅場と化します。

和正に「ドン引きした」とアッサリ棄てられた藍子は、自殺してやるとパフォーマンス。そして暢に縋りつきますが、暢からも出ていけ宣言をくらいます。

和正も梢に縋りつきますが、飲み物を頭からぶっかけられてMVP台詞「くれぐれも不幸せに」をくらいました。

そして、ラストは何と、藍子は新しい男性をすぐさま見つけ、アッサリ気持ちを入れ替えます。暢と離婚後、不倫したのは暢が寂しい想いをさせたからと言ったのも全て嘘だったと暴露し、白々しい態度で新しい男性と一緒に歩いていくという結末でした。

この記事では、ドラマ「サレタガワのブルー」第8話のネタバレや感想などについてご紹介します。

【サレタガワのブルー】ドラマ第8話ネタバレ

u_spacer size=”50″]

藍子(堀未央奈)と 和正(岩岡徹)が自分のマンションで不倫してる現場に乗りこんだ(犬飼貴丈)。2人はクローゼットに潜んでおり、さらに和正は暢のコートも勝手に羽織っていて暢は激怒。

和正はその場に梢(高梨臨)もいることで動揺します。 そこに弁護士の吹田(加治ひとみ)もやってきて、和正は「藍子が誘惑したんだ!」と言い訳を始めました。

梢はベッドの上で正座する2人に、ビデオをまわして様子を撮影。和正は「別れたくない」「慰謝料も払うから」「藍子なんて眼中にない」「浮気なんてしたくなかった」と 必死で梢に縋りつきます。

それを聞いた藍子は和正が藍子と結婚するという音声を聞かせて「私たちは運命なの!本気で愛し合ってるの!」と叫びだす藍子。すると、暢は妊娠は偽装なのかと問います。必死で頭を巡らす藍子。

弁護士は妊娠検査薬を持ってきており、その場でチェックしてくれと言います。藍子は逆ギレするものの、ワンチャンかけて検査をしますが、もちろん陰性。妊娠偽装の件で藍子を責める和正を張り倒した梢は「お前も妊娠させたことしたんだろ!」と一喝します。

暢は藍子がしでかしたことを謝罪し「もういい」と呟きました。各々離婚する、ということでその場がとりあえず落ち着きましたが、和正に「愛してるの。奥さんと別れるんだし、行かないで」と言って縋りついた藍子。

すると、和正からは「ドン引きした。もう関わらないで」とアッサリ去られます。さらに、自分のマンションだし出ていってくれと言った暢に、藍子は「死んでやる!」と言って窓を開けはじめます。

どうして誰も一番に愛してくれないの!」と叫んだ藍子。暢がかつて寝言で元カノの名前を呼んだことで暢の一番になれないことを悟った藍子は浮気に走った、全部暢のせいだと言います。

それを聞き「浮気に走らせて悪かった、でも、もうお終い。自分の人生に藍子はいらない」と言う暢。本当に藍子の事が好きだった、元カノのことが忘れられなくても大好きだった、そう語ります。

そして自分に背を向けた暢を追いかけてきて「ちょっと火遊びしただけ、お願い許して」と縋りついてくる藍子に「出てって。今すぐ」と言い放つ暢。それでも「ウソだよね…?」と信じられない藍子にもう一度「出ていけ」と言った暢でした。

一方、和正はもう1人の不倫相手に愚痴をこぼしています。和正の子供を妊娠しているから2人でやりなおそう、と言い出す不倫相手。そこに現れた藍子は「最後に勝つのは私だから絶対」といいます。

そのまま許さないと呟く藍子がぶつかった相手がイケメンで、すぐさま気持ちを入れ替えた様子の藍子。

一方、左遷になった和正は考えなおして一緒に来てくれと言いますが梢はすげなく断ります。それでもゴネる和正に飲み物を頭からぶっかけた梢。

暢は藍子と会い、最後に離婚届けを書きます。白々しい態度で「愛してくれてありがと♪」と言って去っていった藍子。そして、そのまま新しい男性に会いにいきました。

「サレタガワのブルー」原作もチェック↓

【サレタガワのブルー】ドラマ第8話の感想

しゅっ修羅場だーーー!!修羅場だこれは、、暢がはじめてブチ切れましたね。自分のマンションでクローゼットに半裸の不倫現場、、そりゃあ切れるよいくらなんでも暢でも。

しかし藍子、最後までムカつくな、、「慰謝料がんばりま~す」じゃないよ。。怖。 。やっぱり最初の婚約者死んだ発言も嘘か、、あの時の寝言発 言 も嘘、、。本当に息を吐くように嘘がつける女だな、、。

暢も梢みたいな態度で良かったんだよ、、。藍子結局ケロっとしてんじゃん、、。藍子は結局「誰からも愛されないんじゃないか」という気持ちやそういう自分が受け入れられずに、誰かのものだったり、届かない相手を追い求めてしまうタイプなんでしょうね。

この人が落ちれば自分を愛してくれるハズ」というかね。だから今自分が愛されてないことや、不安な気持ちを恋愛に投影して、誤魔化してるわけです。早い話自分に問題があることに向き合えず、一生気が付けないタイプ、、(笑)

藍子みたいなタイプって問題が自分にあるため、たとえ恋愛が成功して結婚しても、その不安は消えないわけです。もちろん。だからこそ、暢との結婚生活もダメだったわけです。

結婚したところで、そういった愛に疑問をどうしても持ってしまう。不安な自分が消えない。不倫もある意味、暢を「試す」行為だったのかも。どこまで自分を許してくれるかとかね。

とにもかくにも、藍子がダメージくらってない件について(笑)。

それに比べて和正はボコボコになりましたね(笑)飲み物ぶっかけたのは良かったわあ、、。しかし和正のあの勢いはいずこへやら。というくらい縋りつきが何とも女々しかったですね、、。

本当に梢はたくましくなりましたよね!和正を張り倒した所気持よかった~!あと、MVPは決め台詞「くれぐれも不幸せに」ですね(笑)

【サレタガワのブルー】ドラマ第8話のまとめ

今回は、2021年7月スタートの新ドラマ「サレタガワのブルー」第8話の感想ネタバレなどについてご紹介しました。

それにしても、もうちょっと藍子を懲らしめてくれませんでしたか!?ちゃっかり新しい男見つけてしたり顔じゃん、、。もうちょっと藍子をボコボコにできなかったんでしょうか。

こちらとしては、ちょっと消化不良なんですが。。もうちょっと叩き潰して欲しかったな、、これじゃした側藍子の勝ちなのでは、、?

まあ、今度の被害者はあの男性ということで、、気を付けて、、合掌。というか暢は藍子の本性をあの男性に教えるくらいした方が良いのでは!?

[ 【サレタガワのブルー】ドラマ第8話ラストの結末ネタバレと感想... ]ドラマ2021/09/01 09:04