留学に持って行けば良かった必要なもの!日本食&便利なもの17アイテム

トランクを持った歩いている女子

こんにちは!ヨーロッパに留学経験のあるMirai(ミライ)です。

留学の準備で最も悩むものの1つが、何を持って行くかなのではないでしょうか?持って行きたいものはたくさんあるけど、かさばります。できれば現地で買いたいところですが、手に入るがどうか分からないし、気に入ったものが無かったらどうしよう…と悩みますよね。

そこで、私が留学中に持って行けば良かった!と思ったものをご紹介します。これから留学やワーキングホリデーなど海外生活を控えている方、ぜひ参考にしてみてください。

参考記事↓こちらも一緒にどうぞ!↓

留学に持って行けば良かった必要なもの

靴と防止とジーンズとタブレットとサングラスとカップ

  • お気に入りの洋服&靴
  • ウエットティッシュ
  • サランラップ
  • 箸置き・醤油皿
  • アイマスク
  • 湿布
  • 虫よけスプレー・日焼け止め

1.お気に入りの洋服&靴

留学中、辛かったことの1つがオシャレができなかったこと。人にもよると思いますが、洋服って意外と大事ですよね。私は持って行く服を限定してしまったことでおしゃれが全くできなくなり、かなりテンションが下がりました。少しでもお気に入りの洋服があったら良かった…と後悔することに。おしゃれな洋服をたくさん持って行く必要はありませんが、全く持って行かないのはオススメしません。

参考記事↓持っていくべき洋服についてはこちらをどうぞ!↓

2.ウエットティッシュ

私はウエットティッシュを常に1つ持っていきたいタイプです。ただ、パッキングしたときに意外とかさばりました。そこで現地でも売っているだろう、と思って2つくらいしか持っていかなかったんです。でも、現地ではなかなか見つけられませんでした。

また、売っていたり売っていなかったり…ということも多かったです。普通にどこにでもあるようなドラッグストアやスーパーマーケットでは見つけられなかったので、売っているお店を見つけるまで少し時間がかかると思います。

ウエットティッシュは現地で買えないことを想定して余分に持って行くことをオススメします。後から送る用の荷物にもいれましょう◎

3.サランラップ

これは本当に想定外でした。日本のサランラップはすごい!と言われているのは知っていましたが、まさかそこまでじゃないだろうと思っていました。1人暮らしは残り物が出ることが多くいので、思った以上にサランラップを使います。私もとりあえず1つ持っていきましたが、半年ほどで使い切りました。

サランラップはスーパーマーケットでも売っているので、手に入れるのは簡単です。いざ、現地のサランラップを使った時にびっくりしました。まず引っ張り出せない。箱がすぐ壊れる。そして切れない。本当に切れないんです。どんなに引っ張っても切れない。切れないから最終的にちぎるのですが、残ったのは使えないくらいしわくちゃ。

サランラップなんてちょっとガマンすれば良いし、そんなの気にならない!と思っていませんか?サランラップが気持ちよく切れないと、思っていたよりイライラしますよ。かなりストレスです。実際、サランラップが無くなったあと、本当に辛かったです。

現地のサランラップが使えないと分かったあと、しばらくそのまま放置していました。でも、どうしても諦めきれずに日本製のサランラップケースを買うことに。中身だけ現地のサランラップを入れれば、使えるようになるだろう!と思ったんです。

サランラップケースに入れても切れませんでした。

同じように海外でサランラップに敗北する人を何人も見ました。サランラップだけは充分に持って行くことをオススメします。

小さいサイズも持って行きましょう。例えば一時帰国までの1年間分だと、普通のサイズが2~3個、小さいサイズ1~2個あれば充分だと思います。

4.箸置き・醤油皿

箸は何本か持っていったのですが、箸置きは無くても大丈夫だろうと持っていきませんでした。食事中に箸を置きたいときや、事前に準備したいときなど、箸置きは意外と使います。フォークやナイフも置けるので便利ですよ。

醤油皿のような小さいお皿も、思っていたより無いと不便です。大きいお皿で全部ことたりるだろうと思ったのですが、ソースやたれをちょっと入れたい時など、深めのお皿や大きいものでは不便でした。中々売っていませんし、安くないこともあります。自宅から一つ持って行きましょう!

箸置きと小皿が1つづつあると便利!割れ物なので、手荷物で持っていくことをオススメします。かさばらないのでタオルなどに包んで持って行くと◎

5.アイマスク

頻繁では無かったのですが、たまに目を温めたくなることがありました。つけるだけで温かくなるタイプのアイマスクを使いたかったのですが、やはり現地では手に入りません。

ホットタオルで代用していたのですが、いちいち作らなくてはいけなかったので面倒でした。使い捨てタイプのものだと残りを気にしてしまうので、繰り返して使えるタイプのものがあると便利です。

6.湿布

日本では日常的に使われる湿布ですが、海外だと病院で処方してもらわないといけなかったり、一般的には手軽に手に入りません。ただ、ちょっとどこかにぶつけたとき、捻挫をしたとき、痛めたときなど湿布を使いたいことが意外と多くありました。

病院に行くほどではないけど…という時に重宝しますよ。海外にいるとなかなか簡単に病院へは行けなかったので、1つあると良かったなと思います。

7.虫よけスプレー・日焼け止め

留学の準備段階では全く気にしておらず、持ってこなかったのが虫よけスプレーと日焼け止め。都市部に住むならそこまで必要ではないと思うのですが、夏休みにちょっと郊外の田舎に遊びに行ったときに持っていなくて困りました。

現地でもドラッグストアで手に入るのですが、種類は限られていて値もはります。日本では安価で質が良いものが手に入るので、小さいものを持ってくるのがオススメ。

留学に持って行けば良かった日本食

おにぎり

  • 緑茶・水だしアイスティー
  • ドレッシング・乾燥野菜・カップスープ
  • チューブタイプの調味料
  • 好きなお菓子・インスタント食品

8.緑茶・水だしアイスティー

普通の緑茶(グリーンティー)や、アイスティーが無かったのは意外でした。私は無糖のものが飲みたかったのですが、現地で売っているものは甘かったりフルーツティーが多くて断念。

普通の緑茶やアイスティーがとっても恋しくなりました。帰りの飛行機で冷たい緑茶を飲んだとき、本当においしくて感動したのを今でもよく覚えています。

9.ドレッシング・乾燥野菜・カップスープ

海外では日本に比べて野菜の種類が少ないことがあります。そうなると野菜不足解消のためにサラダを食べることが多くなると思うのですが、現地のドレッシングが本当にマズくて苦労しました。好きなドレッシングあれば常備していくのがオススメ。

また、野菜も乾燥タイプでかさばらないものがあるので持って行くと便利です。

カップスープもマズいものが多かったです。味も、コンソメやコーンは見当たらなかったので、冬にちょっとスープが飲みたいという時に苦労しました。

10.チューブタイプの調味料

海外生活だと自炊が多くなると思いますが、私はニンニクやしょうがをいちいちすりおろすのがだんだん面倒になってきました。チューブタイプのものは本当に便利!

現地でも日本食スーパーマーケットで手に入るのですが、高価でした。日本だと安価で手に入るので、持ってくれば良かったと思います。

11.好きなお菓子・インスタント食品

菓子やインスタント食品はマストでは無いと思うのですが、やはりふとした時にあれが食べたいな、と思うときがありました。

お菓子は、現地では基本的にポテトチップスとポップコーンしか売っていません。インスタントのラーメンは現地のスーパーマーケットでも普通に手に入ります。

留学に持って行けば良かった便利なアイテム

鞄、文房具、サングラス、カメラ

マストでは無いのですが、あれば便利だったなというものをご紹介します。現地では手に入っても、あまり良いものは見たことがないです。荷物に余裕があれば、持ってくると◎

  • 小さめサイズのポリ袋・ポチ袋
  • パソコン・タブレット
  • 洗えるスリッパ
  • スポーツドリンクの粉末
  • 歯ブラシたて
  • 大きめのサブバッグ

12.小さめサイズのポリ袋・ポチ袋

現地でもジップロックのようなものは手軽に手に入るのですが、小さいサイズや、ミディアムサイズのものは見つけられませんでした。また、ちょっとお礼のカードを書いて渡したいときなど、小さなポチ袋があれば便利ですよ。

13.パソコン・タブレット

機器はスマホだけで充分だと思っていたのですが、パソコンやタブレットがあれば、ネットが使える幅が広がります。どちらかでも持ってきたら良かったと思いました。

14.洗えるスリッパ

土足なので、室内では常にスリッパを履く生活になります。もちろん現地で手に入るのですが、すぐに汚れてしまいました。土足なので、日本で使っている時より大分早く汚れてしまうんです。なので、洗えるスリッパは本当に便利!

洗い替え用に2つあると良いと思います。また、布製のものはすぐに汚れてしまうので、クロックスタイプのものも良いと思います。ただ、かさばるので荷物と相談ですね。

15.スポーツドリンクの粉末

盲点だったのが、スポーツドリンク。慣れない環境で暮らしていると、急に体調を崩すことがあります。のどが痛いとき、だるいとき、水だと飲むのがつらい…。スポーツドリンクは現地でも手に入るのですが、味が違います。

また、1人暮らしだと風邪をひいた時はなかなか買い物にはいけません。粉末タイプのものを持ってくることをオススメします。

まとめ

洋服とトランク

留学前は何が必要で、何が必要ではないのかの見極めが難しかったです。振り返ってみると、必要なかったものも持ってきてしまっていることに気付きました。いらなかったものとしては、

  • 余分なタオル、パジャマ
  • 石鹸・お風呂グッズ
  • 歯ブラシ・歯磨き粉
  • 洗濯ネット
  • 洗い流さないトリートメント・ヘアミスト
  • 体温計

などは、現地のもので全く問題ありませんでした。ただ、こだわりがあるものだったり、お気に入りのものがあるなら妥協せずに持って行くことをオススメします。

渡航してすぐの間は、どこで何が手に入るか分からないこともあるので、使い慣れたものがあると安心します。

現地で何が手に入るかは場所によって違うかと思いますが、参考にしていただけたら嬉しいです。

[ 留学に持って行けば良かった必要なもの!日本食&便利なもの17... ]留学・海外生活2020/06/01 05:50